精子を変形させて遊泳能力を奪う避妊薬が開発される
精子を変形させて遊泳能力を奪う避妊薬が開発される / Credit:Canva
medical

精子を「変形」させて泳げなくする植物由来の男性用避妊薬が開発される (2/4)

2021.03.04 Thursday

Potential Male Contraceptive Is Effective And Safe In Animal Models https://www.iflscience.com/health-and-medicine/potential-male-contraceptive-is-effective-and-safe-in-animal-models/amp.html
Triptonide is a reversible non-hormonal male contraceptive agent in mice and non-human primates https://www.nature.com/articles/s41467-021-21517-5

ライコウトウに含まれるトリプトニドは「100%」の避妊効果があった?

トリプトニドの摂取をやめたオスの精子からうまれたサルの赤ちゃんは健康に育っている
トリプトニドの摂取をやめたオスの精子からうまれたサルの赤ちゃんは健康に育っている / Credit:Nature Communications

ライコウトウに本当に避妊効果があるのか?

検証を行うにあたって研究者たちはまず、ライコウトウに含まれる数百の化合物について、調査を行った過去の研究に目を通しました。

すると、トリプトニドと呼ばれる成分に対する調査が他に比べて不十分であることを発見します。

そこで研究者たちは見過ごされていたトリプトニドの効果を調べるため、オスのマウスとサル(カニクイザル)に経口投与することにしました。

結果、驚きの事実が判明します。

トリプトニドの投与開始から4週間で、100%の避妊効果が確認できたからです。

さらに、トリプトニドの摂取を停止すると、4週間ほどで生殖能力が回復し、メスを妊娠させ健康な赤ちゃんを産めることも判明します。

上の図に映っているサルの赤ちゃんは、トリプトニドの摂取を中断したオスの子どもです。

さらに追加の試験で、トリプトニドには目立った副作用が起こらず、ホルモン値(テストステロン)の変化もみられませんでした。

この結果は、トリプトニドには避妊薬において最も重要な「安全」で「飲むのをやめれば元にもどる」という性質があることを示します。

残った問題は、なぜ避妊効果が表れ、消えていくかです。

次ページトリプトニドは精子を変形させる

<

1

2

3

4

>

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!