シンカイクサウオに触発された開発された新しいソフトロボットは、マリアナ海溝まで潜ることが可能。
シンカイクサウオに触発された開発された新しいソフトロボットは、マリアナ海溝まで潜ることが可能。 / Credit:浙江大学
physics

2021.03.10 Wednesday

水深1.1万メートルのマリアナ海溝まで潜れる「柔らか魚ロボット」を開発 実在の深海魚の骨格がモデルに (2/2)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

人に会えなくなった水族館の魚たちに次々と「うつ症状」が出始める

前ページ深海の圧力に耐えるロボット

<

1

2

>

シンカイクサウオを参考にした柔らかい深海調査ロボット

彼らの骨はゲル状の柔らかい体に細かく分布していて、圧力を均等に分散させています。また、頭蓋骨は完全に硬化して閉じておらず、外圧と内圧が釣り合っています。

そこで、チームはこれをマネて、電子部品のそれぞれの距離を離し、プリント回路基盤からも分離、部品を分散させて柔らかいシリコンで包むことにしました。

開発されたソフトロボット(左)と参考にされたシンカイクサウオ(右)
開発されたソフトロボット(左)と参考にされたシンカイクサウオ(右) / Credit:浙江大学

これによって、部品が一緒に圧迫されるのを防ぎ、硬質な殻で保護することなく高圧環境に適応できるようになりました。

ロボットの推進力は、2枚のヒレを羽ばたかせることで生まれます。

このヒレは、人工筋肉を取り巻く海水を負電極として利用し、人工筋肉の内外で生じる電位差によって、高分子膜が伸縮して動いています。

ロボットのヒレが羽ばたく様子。
ロボットのヒレが羽ばたく様子。 / Credit:Science News,You Tube

こうして設計されたソフトロボットは、南シナ海で実際に運用テストを行い、水深3224メートルの深海で自由に泳ぐことに成功しました

また、マリアナ海溝の水深1万900メートルのフィールドテストでも、無事に動作することを確認できたと報告されています(マリアナ海溝ではアームで支えた状態でのテスト)。

東シナ海の水深3,224メートルでロボットが自律的に泳ぐことを示したテスト。
東シナ海の水深3,224メートルでロボットが自律的に泳ぐことを示したテスト。 / Credit:Science News,You Tube

このユニークなロボットが、私たちのまだ見ぬマリアナ海溝の深部を明らかにする日は近いかもしれません。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

物理学のニュースphysics news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!