「アンティキティラ島の機械」、表板のイメージ
「アンティキティラ島の機械」、表板のイメージ / Credit: 2020 Tony Freeth
history archeology

世界最古のコンピュータ「アンティキティラ島の機械」の失われたメカニズムを復元!

2021.03.15 Monday

2,000-Year-Old Greek Astronomical Calculator: Experts Recreate a Mechanical Cosmos for the World’s First Computer https://scitechdaily.com/2000-year-old-greek-astronomical-calculator-experts-recreate-a-mechanical-cosmos-for-the-worlds-first-computer/ Scientists unlock the ‘Cosmos’ on the Antikythera Mechanism, the world’s first computer https://www.livescience.com/antikythera-mechanism-worlds-first-computer-modeled.html
A Model of the Cosmos in the ancient Greek Antikythera Mechanism https://www.nature.com/articles/s41598-021-84310-w

「アンティキティラ島の機械」は、時代を超越した古代ギリシャの遺物です。

1901年にアンティキティラ島近海の沈没船から発見され、のちの調査で「天体運行を計算するための歯車式機械」と推定されました。

紀元前3〜1世紀頃の作であるにもかかわらず、その精巧かつ複雑な造りは、後世の機械技術を1000年先取りしていると言われます。

発見以来、多くの研究がなされてきましたが、まだメカニズムの完全な解明にはいたっていません。

しかし今回、UCL(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)の研究チームは、先行研究や古代ギリシャの天文学・数学の知識を総動員することで、失われたパーツの仕組みの復元に成功しました。

研究は、3月12日付けで『Scientific Reports』に掲載されています。

「失われたメカニズム」の復元に成功!

アンティキティラ島の機械」は回収された時点で、すでに大部分が錆びており、部品も3分の2が欠落していました。

さらに、残った部分も82の断片に分裂しており、復元はかなり骨の折れる作業でした。

これまでの研究で、機械は高さ15センチほどの箱型だったと推測されています。

表示板は全部で3つあり、1つは前面に、2つは裏面に付いていました。

前面の表示板には3つの針が見られ、1つは日付けを、残り2つは月と太陽を表していたようです。

また、表示板には同心円状のメモリが複数付いており、365日周期のカレンダー黄道十二が刻まれています。

月の針を動かすと、各日における月の位置が分かるという仕組みです。

復元イメージ(上)、カバーの碑文(下)
復元イメージ(上)、カバーの碑文(下) / Credit: 2020 Tony Freeth

それから、当時のギリシャ人に知られていた5つの惑星(水星・金星火星木星土星)の軌道や、月の満ち欠けを示す機能もあったと見られます。

使用された歯車は最低で30個、多くて72個とされており、その精巧さは18世紀の時計にも引けを取りません。

加えて、同時代に見つかっている他の歯車は、バリスタやカタパルトといった古代兵器に用いられた大型のものばかり。

それに比べると、この機械の歯車は非常に小さく、同時代の人工物として異例なのです。

発見された実物
発見された実物 / Credit: 2020 Tony Freeth

以上が予想される大方の機能面ですが、いかんせん部品が欠如しているため、内部の歯車のメカニズムがあまり理解されていません。

そこでUCLの研究チームは、これらの設計が正確に機能するための装置の復元を試みています。

これまでに発見された盤面上の碑文や、古代ギリシャの哲学者パルメニデスが初めて考案した惑星運動の数学モデルをもとにしながら、わずか2.5センチのコンパートメントに収まる歯車の重なりをコンピュータモデルで作成しました。

完成した3Dモデルは、これまでに予想された月、太陽、5惑星の動きや、月の満ち欠けの動作の再現に成功しています。

さらに、再現された天体の動きは「すべての天体が地球を中心に回っている」という当時信じられていた天動説と見事に一致しました。

復元された内部イメージ
復元された内部イメージ / Credit: 2020 Tony Freeth
当時としては高度な技術が使われている
当時としては高度な技術が使われている / Credit: 2020 Tony Freeth

研究主任のトニー・フリース氏は「私たちのモデルは、先行研究で明らかにされた物理的証拠だけでなく、当時の科学的な思想背景にも適合する最初のモデルです。

それを踏まえた上で、この機械が、天才的な設計と優れた工学技術によって作られたことが改めて証明された」と述べています。

フリース氏はまた「本モデルはコンピュータ上の成果であるため、今後、複製パーツを使って実物を再現し、物理的に機能するかどうかを試したい」と続けます。

その一方で、「アンティキティラ島の機械を誰が作ったのか」という大きな謎が残されています。

当時としては時代のはるか先を行く知恵と技術をもった天才が、古代ギリシャにいたことは間違いありません。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

歴史・考古学のニュースhistory archeology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!