コカ・コーラ350mlの缶。
コカ・コーラ350mlの缶。 / Credit:canva
chemistry

世界中のコロナウイルスを一箇所に集めたら「コーラの缶半分」くらいに収まってしまう (2/2)

2021.03.17 Wednesday

2021.03.16 Tuesday

前ページフェルミ推定から導かれた世界のコロナウイルスの総量

<

1

2

>

フェルミ推定で世界中のコロナウイルスの総体積を計算する

コロナウイルスの直径は推定80~120nm(ナノメートル)です。これは人間の髪の毛の約1000分の1程度です。

数字で言われても今ひとつピンと来ませんが、このサイズは通常の顕微鏡では見ることすらできない大きさです。

そのためウイルスを見るためには、電子顕微鏡を使わなければなりません。

これに関連した有名なエピソードが千円札に描かれている野口英世です。

彼は、黄熱病の研究中に自らも罹患してしまい、「私にはわからない」という最後の言葉を残して亡くなりました。

実は黄熱病は黄熱ウイルスが原因で発症します。しかし、野口英世の時代に電子顕微鏡がなかったため、いくら頑張っても黄熱病の原因を見つけることはできなかったのです。

つまりそれくらいウイルスは小さい存在なのです。

では、その小さなウイルスの体積を計算してみましょう。

コロナウイルスは球形をしています。球の体積は公式「V =4πr³/ 3」で導くことができます。

ウイルスの半径を50nmと仮定して計算した場合、ウイルス1つの体積は52万3000立方ナノメートルとなります。

ウィルスの体積の計算。
ウィルスの体積の計算。 / Credit:Miss V Martin,How much SARS-CoV-2 is there in the world?(You Tube)

では、この体積を20京あるウイルスに当てはめてみましょう。

その総体積は、なんとたったの120mlです。

ただ、球形のものを一箇所に集めた場合、必ず球同士の間に隙間ができてしまいます。

丸いオレンジを積み上げた場合にできる隙間などは、球充填と呼ばれる数学の問題になる。
丸いオレンジを積み上げた場合にできる隙間などは、球充填と呼ばれる数学の問題になる。 / Credit:Wikipedia

これは球充填と呼ばれる問題で、球形のものを積み上げた場合の最大充填密度は(π/3√2)という式で計算できます。

この答えは約0.74です。つまりどんなにうまく押し込めても、球形のウイルスを集めた場合、その体積の26%は隙間になってしまうということです。

これを考慮した場合、世界の全コロナウイルスを一カ所に集めた総体積は160mlとなります。

現在売られているコカ・コーラの缶は350mlが標準なので、世界中で人類を悩ませているコロナウイルスはすべて集めるとコーラの缶半分未満の量になってしまうのです。

世界中のコロナウィルスを集めた場合、コカ・コーラ350ml缶の半分未満の量になる。
世界中のコロナウィルスを集めた場合、コカ・コーラ350ml缶の半分未満の量になる。 / Credit:canva,ナゾロジー編集部

もちろんこれは完全な答えではありません。いくつかの簡単な仮定を元に推定されたもので、変動する可能性はあります。

しかし、さすがにたったこれぽっちのものに世界中が混乱して、苦しめられているというのはなんともショックな話です。

【編集注 2020.03.17 12:00】
記事内容に一部誤りがあったため、修正して再送しております。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

化学のニュースchemistry news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!