脳の快楽回路を刺激すると全自動記憶が実現した
脳の快楽回路を刺激すると全自動記憶が実現した / Credit:ナゾロジー
brain

2021.03.22 Monday

好きな内容なら「無意識」でも記憶できると判明! (2/3)

前ページ研究の背景「好きな内容なら無意識でも記憶可能」

<

1

2

3

>

実験内容「記憶するだけなら意識も注意も努力も必要なし」

自分の力では好きになれない場合、脳に電気刺激を行い快楽回路を刺激する手がある
自分の力では好きになれない場合、脳に電気刺激を行い快楽回路を刺激する手がある / Credit:ナゾロジー

純粋な視覚情報の記憶に「意識」は必要なのか?

謎を解くために研究者たちは普通のサルと、「報酬系」を電気刺激したサルに対してさまざまな作業を同時並行でおこなわせました。報酬系とは快楽を感じるの回路のことです。

そしてさまざまな作業をしているサルの視界に「ぼやけた人型」の画像を提示しました。

これは人間で例えるならば、スマホで通話やメールをしているときに、急に突きつけられた画像を記憶するのと同じです。

結果、普通の状態のサルは作業に忙殺され、画像を記憶できませんでしたが、快楽の回路を刺激されているサルは画像を覚えることができました。

この結果は、快楽を感じているときは意識や努力を必要とせずに視覚情報を自動で保存できることを示します。

また作業後のサルの脳の状態をスキャンした結果、快楽を得ていたサルの脳は血流が増加し、より活発に働いていたことが示されました。

次ページこの研究のスゴイところ「人間に応用できれば暗記科目は脳内カンニングできる」

<

1

2

3

>

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!