脳の快楽回路を刺激すると全自動記憶が実現した
脳の快楽回路を刺激すると全自動記憶が実現した / Credit:ナゾロジー
brain

2021.03.22 Monday

好きな内容なら「無意識」でも記憶できると判明! (3/3)

前ページ実験内容「記憶するだけなら意識も注意も努力も必要なし」

<

1

2

3

>

この研究のスゴイところ「人間に応用できれば暗記科目は脳内カンニングできる」

記憶した画像はテスト会場に持ち込んだ教科書のように使えるために「脳内カンニング」が可能
記憶した画像はテスト会場に持ち込んだ教科書のように使えるために「脳内カンニング」が可能 / Credit:Canva

今回の研究で、快楽を伴った状態がサルのを「自動記憶装置」のように変えられることを示しました。

この結果は、脳は無意識の状態でも視覚情報を記憶ができることを示唆しています。

もし同じ仕組みが人間の脳にある場合、脳刺激と組み合わせることで教科書を丸暗記するような自動記憶が可能になるかもしれません。

ただこの場合、教科書の内容はあくまで風景の一種として記憶されるため、テストで点数を取るには記憶した内容を「脳内で改めて読書する」という過程が必要となるでしょう。

それでも、暗記科目では「脳内カンニング」となって絶大な効果を発揮すると期待されます。

また快楽の回路を作動させる仕組みは、パーキンソン病や外傷性脳損傷などドーパミン不足が関連する認知症治療にも応用できます。

ただし、快楽を自動で引き出す仕組みを使いすぎると、脳がドーパミン中毒になる危険性があるので要注意かもしれません。

ビリビリするのは嫌なので、電気刺激以外で脳にドーパミンをさせる手法の確立に期待ですね。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!