ブレードなしで風力発電する
ブレードなしで風力発電する / Credit:Vortex Bladeless
technology

逆転の発想!「ハネのない風力発電機」が普及するかもしれない 都市部でも風力発電を可能に

2021.03.21 Sunday
Can we get wind power without the blades or the actual wind? These startups believe so https://www.zmescience.com/science/can-we-get-wind-power-without-the-blades-or-the-actual-wind-these-startups-believe-so/

従来の風力発電の仕組みは、「ハネで風を受けてタービンを回転させる」というもの。いわゆる「風車」がこれに該当します。

風力発電はクリーンな電力を生み出しますが、設置場所が限られていたり、鳥たちがハネの犠牲になったりします。

そこでスペインの企業「Vortex Bladeless」は、ハネなしで風力発電する新タービンを考案しました。

どこにでも設置でき、簡単に風から電力を生みだす革新的な装置を開発したのです。

ブレードなしで風力発電する

振動する新しい風力発電装置
振動する新しい風力発電装置 / Credit:Vortex Bladeless

新しく開発された風力発電装置は、一見、従来の風力発電から大切な要素をすべて取り除いたように見えます。

ただ白い柱が立っているだけなのです。

ところが、柱の内部には風の振動によって発電する装置が組み込まれており、1つの風力タービンとして機能します。

稼働部品が少ないため、メンテナンスはほとんど必要ありません。

Vortex Bladeless社によると、「ギア、ブレーキ、ベアリング、シャフトなどはありません。潤滑油も必要とせず、摩耗で消耗する部分もありません」とのことです。

また非常に軽量で重心が低いため、従来のハネ付きタービンのように深くまでアンカーを打ち込む必要がありません。

ミニチュア版が実際に発電している様子
ミニチュア版が実際に発電している様子 / Credit:Vortex Bladeless

そのため新タービンは従来よりも約30%安く発電できるとのこと。これは設置コストが低く、メンテナンスが最小限で済むことが大きな要因となっています。

さらに騒音もほとんど発生せず、野生動物への被害もありません。ハネがないので、どんな場所にも簡単に設置できます。

ただし、新タービンが従来の風力発電に取って代わるわけではありません。

都市部や住宅地など、これまで風力発電を導入できなかった環境に設置することが本来の目的なのです。

次ページ新タービンは風の渦による振動を増幅させている

<

1

2

>

テクノロジーtechnology

もっと見る

Special

注目pick up !!