指紋は指の感度を増幅させる
指紋は指の感度を増幅させる / Credit:Depositphotos
biology

人間の指紋には滑り止めだけじゃなく思っていたより「感度増幅」の役割があった (2/2)

2024.06.19 Wednesday

2021.03.28 Sunday

前ページ指先の繊細な感覚はどこからくるのか?

<

1

2

>

指紋が指先の感度を増幅させていた

指先の中で特に感度が高いゾーンをマッピングする
指先の中で特に感度が高いゾーンをマッピングする / Credit:Ewa Jarocka

実験では、12人の健康な参加者の指先感度がマッピングしました。

彼らの腕と指を固定し、機械で0.4mmの円錐を皮膚全体に動かしながら当てました。そしてこの時の各ニューロンの応答を記録。

これにより指先で特に敏感なゾーンが分かるのです。

実験の結果、高感度ゾーンの検出領域の幅が、指紋の隆起の幅に等しいと判明しました。

マッピングされた触覚ニューロンの受容野
マッピングされた触覚ニューロンの受容野 / Credit:Ewa Jarocka

チームは追加で、スキャン速度やスキャン方向を変化させてみましたが、やはり高感度ゾーンは指紋の隆起部分に固定されていたとのこと。

またジャロッカ氏は次のようにも述べています。

「観察した2種類のニューロンは指先に集中しており、2.5cm²の面積に、約500個のニューロン受容野が重なっていることが分かった」

「例えば、ピアスやコインなどの細かい部位に触れると、実際には多くのニューロンが刺激を受け、たとえその部位がわずか0.4mm程度だったとしても、その情報を得られるのです」

つまり指先において、指紋こそがその感度を増幅させていたのです。

しかも指紋は時間経過で変化せず、ケガをしても再生します。外部から小さな情報を取り入れるのに、これ以上ないくらい安定しているのです。

私たちは指先の繊細な感覚をもっています。この感覚を当たり前だと感じている人が多いのではないでしょうか?

ところが繊細な感覚は決して当たり前ではなく、指紋という小さな存在によって与えられていたのです。

<

1

2

>

コメントを書く

※コメントは管理者の確認後に表示されます。

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

Amazonお買い得品ランキング

生物学のニュースbiology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!