1枚目の画像
Credit: Wild LATITUDES
paleontology

現代に生きる始祖鳥!? 超ユニークな鳥ツメバケイ【ヘンテコ生き物図鑑】

2021.05.24 Monday

2021.05.22 Saturday

Bizarre Beasts / YouTube https://www.youtube.com/watch?v=0HytWfqWYUQ, Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%A1%E3%83%90%E3%82%B1%E3%82%A4, タイセイ飼料株式会社 http://www.taiseishiryo.jp/tp_detail.php?id=35
C型リゾチームの構造安定性に関する研究 https://www2.lib.hokudai.ac.jp/gakui/2008/9134_nonaka.pdf

かつて人類が登場する前に、地球上に存在した生き物は「古生物」と呼ばれます。

今では化石から当時の姿を想像するしかないですが、ユニークな生物がたくさん存在していました。

そんな古生物においてアイドル的存在といえば、始祖鳥です。

「爬虫類と鳥類の特徴をあわせもつ」というロマンに加え、デザインがカッコかわいくて秀逸なんですよね。

Credit: Main Illustration by Nobumichi Tamura. Inset photo by Michael Lee / Australasian Science

始祖鳥のデザインでもっとも特徴的なところは、やっぱり翼の先に爪があることじゃないでしょうか。

でも、もう絶滅してしまったしな……と思いきや、現在も始祖鳥みたいな鳥が存在するんです。

始祖鳥が生きていた?翼に爪のある鳥

翼の先に爪を持つ、その鳥の名は「ツメバケイ」。

漢字で書くと爪羽鶏。全長が約65cmで鶏くらいのサイズの鳥で、南米のアマゾン川流域に生息しています。飛翔能力は滑空程度で樹上で生活しているというのも、始祖鳥っぽさを感じますよね。

実際の姿を見てみましょう。

1枚目の画像
Credit: Wikimedia Commons

爪、ないんじゃない…??って思いませんでした?

ツメバケイは、雛のときにだけ翼に爪があるんです。

次ページ翼の爪は雛のガチな武器だった

<

1

2

3

4

5

6

>

古生物のニュースpaleontology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!