分子雲から星形成が行われるイメージ画像。
分子雲から星形成が行われるイメージ画像。 / Credit:NRAO
space

2021.04.03 Saturday

天の川の中心部で「新しい星の卵」が次々と産声をあげている (2/2)

前ページ天の川銀河の中心は不毛地帯?

<

1

2

>

銀河中心部で起きている星のベビーブーム

高密度のガス塊が星形成の母体になっているかどうか見極めるためには、実際にこの領域で新しい星(原始星)が誕生している証拠を探す必要があります。

この証拠となるのが原始星から吹き出すガス流(アウトフロー)です。

アウトフローは赤ちゃん星の産声ともいえるものです。

結果、研究チームは、アルマ望遠鏡の高感度かつ高解像度の観測によって、そんなアウトフローを43も検出することに成功しました

アルマ望遠鏡が観測した、銀河中心分子雲帯。黄色は原始星周辺の塵。赤は地球から遠ざかるアウトフロー。青は地球に向かって吹き出すアウトフローを表す。これらの根本に原始星があると考えられる。
アルマ望遠鏡が観測した、銀河中心分子雲帯。黄色は原始星周辺の塵。赤は地球から遠ざかるアウトフロー。青は地球に向かって吹き出すアウトフローを表す。これらの根本に原始星があると考えられる。 / Credit: ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Lu et al

これは星形成には向いていないと考えられていた天の川銀河の中心部で、多くの星が今の誕生していることを意味しています。

しかし、この検出結果には謎が残っています。

それは高密度ガス塊が800個近くも見つかっていながら、原始星のアウトフローは43個しか見つからなかったということです。

この検出数の大きな差について、研究チームの代表ルー氏は「未発見のアウトフローがまだたくさん隠れている可能性がありますが、もしかしたら私たちは次の大きな『星のベビーブーム』の始まりを見ているのかもしれない」と語っています。

今回の発見は、星形成の基本的物理過程が研究者のこれまで考えていたものよりも、周囲の環境に影響されにくいことを示しています。

不毛地帯と思われていた天の川銀河の中心では、これから活発な星形成が始まろうとしているのかもしれません。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

宇宙のニュースspace news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!