(左)チャド・ブートン教授 , (右)筋肉を刺激するパッチ
(左)チャド・ブートン教授 , (右)筋肉を刺激するパッチ / Credit:Nathaniel Welch
technology

2021.04.10 Saturday

「脳インプラント」が麻痺患者の手を再び動かした (3/3)

前ページ神経バイパスによってコンピュータ経由で麻痺した腕を動かす

<

1

2

3

>

双方向神経バイパスで指先の感覚を得る

神経バイパスは実現しましたが、フィードバックという課題が残っていました。

麻痺患者はから指示を出して物をつかむことができますが、麻痺により物をつかんでいる感覚がありません。

双方向バイパスのしくみ
双方向バイパスのしくみ / Credit:Asia Pietrzyk

この課題に対処するため、現在、研究チームは「双方向神経バイパス」に取り組んでいます。

これは従来の神経バイパスに加え、指先に装着した薄膜センサーによって触覚を脳に送信するというもの。

圧力を感知する薄膜センサー
圧力を感知する薄膜センサー / Credit:Abigail Bouton

ただし脳の感覚皮質のうち、指先を扱う領域は脳の溝部分にあります。フィードバックした信号で正確に刺激するのは難しいのです。

しかしこの問題も、研究参加者の脳を何度も刺激して反応を確かめることで、指先を扱う領域の特定に成功。

ブートン教授によると、これにより双方向神経デバイスはある程度機能しているとのこと。

今後もより繊細な動きを可能にするために研究が続けられます。

将来的には、靴ひもを結ぶことやキーボードでタイプすること、ピアノを弾くことも可能になるかもしれません。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

テクノロジーのニュースtechnology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!