ヤドカリの振動は会話の一種?
ヤドカリの振動は会話の一種? / Credit: jp.depositphotos
animals plants

入ってますよ!ヤドカリは貝殻を振動させることでライバルに満室を知らせる

2021.04.25 Sunday

How hermit crabs shake off competitors for shells https://www.theguardian.com/science/2019/apr/03/how-hermit-crabs-shake-off-competitors-for-shells
Get off my back: vibrational assessment of homeowner strength https://royalsocietypublishing.org/doi/10.1098/rsbl.2018.0819

ヤドカリにもバイブ機能があるんです。

アメリカ・ダートマス大学が2019年に発表した研究で、ヤドカリはライバルを撃退する際に、自分の貝殻を振動させることが判明しました。

振動には強弱があり、その強さによって貝を奪おうとするライバルは続行か退散かを選んでいるのです。

また振動は、単なる撃退以上にヤドカリ同士の大切なコミュニケーションにもなっているのだとか。

研究は、2019年4月3日付けで『Biology Letters』に掲載されたものです。

振動は大切な「コミュニケーション」

コスタリカ・オサ半島のビーチで実施された実験では、太平洋に分布するヤドカリ(学名:Coenobita compressus)を対象に、殻の振動効果が調べられています。

チームは、砂浜に描いた円の真ん中に貝殻を置き、1匹のヤドカリを放して貝を奪おうとする様子を定点カメラで撮影しました。

ちなみに貝殻の中身は空っぽで、代わりに強さを調節できるミニチュアの振動装置を入れています。

実験方法の様子
実験方法の様子 / Credit: Biology Letters

振動の強弱を変えてみた結果、振動が「弱」のとき、ヤドカリは少し思案してからその場を離れ、反対に「強」の場合は一目散に飛びのいて逃げ出したのです。

その違いは、以下の動画でしっかりと確認できます。

同チームのマーク・レードル氏は「ヤドカリは魅力的な貝殻を見つけると、持ち主が弱っているかどうかを観察し、奪える隙を常にうかがっています。

大丈夫だと判断すれば、相手の背中に飛び乗って、中にいる宿主の状態を振動でチェックするのです」と説明します。

つまり、振動が弱ければ中にいる宿主も弱く、強ければ強敵だと判断するというわけですね。

レードル氏によれば、ヤドカリは貝を揺らすことによって「まだ住んでますよ」とか「出て行くつもりはないですよ」といった気持ちを相手に伝えているのだとか。

振動は、ヤドカリ同士の大切な会話として成り立っているのかもしれません。

ただし、話し合いで平和的に解決できない場合も多々あって、ときには激しい争いに発展していくこともあります。

ヤドカリの家探しもかなり大変なようです。

 

本記事は、2019年4月6日に掲載された記事を再編集したものです。
みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

生物学biology

もっと見る

Special

注目pick up !!