アダム・ライナー
アダム・ライナー / Credit: historyofyesterday
history archeology

成人後に身長が1メートルも伸びる?! 人類で唯一「小人症」と「巨人症」を両方経験した人物とは

2021.04.26 Monday

The Only Man In History Known To Be A Dwarf And A Giant https://www.iflscience.com/health-and-medicine/the-only-man-in-history-known-to-be-a-dwarf-and-a-giant/ The Man Who was Born a Dwarf and Died a Giant https://historyofyesterday.com/the-man-who-was-born-a-dwarf-and-died-a-giant-811b891d5530

世の中には「小人症」や「巨人症」といった身長に関する疾患がありますが、過去にただ一人だけ、その両方を患った人物がいます。

アダム・ライナー(1899〜1950)という人物です。

彼は「最も身長が変化した人物」としてギネス世界記録に認定されており、21歳から亡くなるまでに身長が約1メートルも伸びました。

この急激な成長の原因は何だったのでしょうか?

成人後に身長が1メートルも伸びる

アダムは1899年、オーストリア=ハンガリー帝国時代の都市グラーツで誕生しました。

両親の身長は父が175センチ母が165センチと、骨格の大きな西欧人からすれば、そう大きくはありません。

アダムは幼少期から病弱で、身体も細く小さかったといいます。

彼の身長は伸びることなく、18歳の時点で138センチでした。

それでも志は高く、軍への入隊を志願しましたが、身長を理由に拒否されています。

1年後にも徴兵検査を受けましたが、また同じ理由で入隊は敵いませんでした。この時点でアダムの身長は143センチだったそうです。

医学的には、成人に達した際、身長が147センチに満たない場合に「小人症」と見なされます。

アダムはこの数字に達しないまま、20歳の誕生日を迎えました。

幼少時と成人して巨人化したアダム
幼少時と成人して巨人化したアダム / Credit: historyofyesterday

ところが、アダムは普通の小人症とは違っていました。

彼は身長の低さとは裏腹に、とても大きな手と足を持っていたのです。

記録では18歳の時に、手の長さが23.9センチ、足のサイズは28センチあったとのこと。

そして急激な変化が1920年、アダムが21歳のときに訪れます。

それまでの鬱憤を晴らすかのごとく身長が伸び続け、32歳のときにはついに218センチに到達したのです。

成人後のアダム(左)、右は小人症の人
成人後のアダム(左)、右は小人症の人 / Credit: historyofyesterday

この前例のない出来事に驚いた医師たちが検査をしたところ、アダムは先端巨大症(acromegaly)」を患っていました。

先端巨大症は、の下垂体が腫瘍化し、成長ホルモンが過剰に分泌されることで起こる疾患です。

手足が異常に大きかったのもこれが原因でした。

その一方で、この急激な変化がアダムの健康状態を著しく悪化させ始めます。

アダムの身長の伸び
アダムの身長の伸び / Credit: History In Pictures/twitter

身長の伸びにつれて脊柱が湾曲し、視力が低下し続け、1920年代の終わりには右目がほぼ見えない状態になりました。

それと同時に左耳の聴覚も悪化し、食物の摂取も難しくなって、歩行が困難になり、ついには寝たきりの状態に。

腫瘍の除去手術を受けたものの、アダムの身長は伸び続け、反対に体調は悪化の一途をたどりました。

そして1950年3月4日に、アダムは51歳の若さで亡くなっています。

死亡時の身長は、通常時で233.7センチ補正時で238.8センチだったと記録されています。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

歴史・考古学history archeology

もっと見る

Special

注目pick up !!