高圧放電で植物を焼く雑草キラーロボット
高圧放電で植物を焼く雑草キラーロボット / Credit:Small Robot Company
robot

雑草キラーロボット、高電圧放電で植物を焼いて歩く

2021.04.30 Friday

Killer farm robot dispatches weeds with electric bolts https://www.theguardian.com/environment/2021/apr/29/killer-farm-robot-dispatches-weeds-with-electric-bolts

最近、イギリスの企業「Small Robot Company」は、農地の雑草を高圧放電で焼いて歩くキラーロボットを開発しました。

AI植物認識により雑草だけをターゲットにできるため、除草剤を使用せずに済みます。

雑草を見分けて殺す「ロボット除草プロセス」

農家の人々にとって雑草は仕事の敵です。

しかしメーカーや消費者からは除草剤を含む農薬を削減するよう要求されています。

こうした農家の悩みを解決するため、Small Robot Companyは不要な雑草だけを見分けて焼くキラーロボットを開発しました。

この新しい除草プロセスは、3つのマシンによって成り立っています。

1つ目は、監視&マッピングロボットの「Tom」です。

植物をスキャンするTom
植物をスキャンするTom / Credit:Small Robot Company, Youtube

Tomは農場の植物をスキャンするロボットであり、1日に約20ヘクタール(東京ドーム4個分)の農地を監視したりマッピングしたりできます。

まもなく、完全自律型になるとのこと。

2つ目は、管理AI「Wilma」です。

管理AIのWilmaは植物を見分ける
管理AIのWilmaは植物を見分ける / Credit:Small Robot Company, Youtube

WilmaはTomから送られてきた植物データを学習・管理し、ターゲットとなる植物を決定します

農地に生える雑草は、すべてが作物に害を与えるわけではありません。

中にはミツバチを呼び寄せたり、土壌に窒素を留めたりするのに役立つ「良い雑草」もあるのです。

ロボットたちは6つの異なる光の波長を利用して、農家の人々でさえ見分けるのが難しい雑草を判別可能とのこと。

次ページ除草剤の必要なし!高圧放電でターゲットの雑草だけを根絶

<

1

2

>

ロボットrobot

もっと見る

Special

注目pick up !!