新種のバクテリア(赤)
新種のバクテリア(赤) / Credit: Marcel Dominik Solbach
fungi

ポケモンのようにボールの中で暮らす「ポケモナス」というバクテリアの存在が明らかに

2021.05.03 Monday

‘Pokemonas’: Bacteria related to lung parasites discovered, named after Pokémon https://phys.org/news/2021-04-pokemonas-bacteria-lung-parasites-pokmon.html
Novel Endosymbionts in Rhizarian Amoebae Imply Universal Infection of Unrelated Free-Living Amoebae by Legionellales https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fcimb.2021.642216/full

ドイツ・ケルン大学・動物学研究所のグループにより、球状アメーバの中に寄生する新種バクテリアが発見されました。

本種は「レジオネラ属菌」の一種で、人に対し病気を引き起こす可能性もあるとのこと。

学名は、寄生形態がモンスターボールの中に潜むポケモンに似ていることから「ポケモナス(Pokemonas)」と命名されました。

研究は、3月8日付けで『Frontiers in Cellular and Infection Microbiology』に掲載されています。

ポケモンのようにボールの中で暮らす?

レジオネラ属は、ヒトや動物の肺疾患の原因となる細菌で、1976年にアメリカで発見されました。

その一種のレジオネラ・ニューモフィラはレジオネラ症という、高熱や頭痛、吐き気、下痢を伴う感染症を引き起こします。

レジオネラ属菌は、宿主となる生物の細胞内に寄生して増殖することで知られ、とくにホストとなるのはアメーバです。

アメーバ」という言葉の意味は広く、通常は仮足で這うように動く単細胞の原生生物を指します。

研究チームは今回、レジオネラ属菌がホストとするアメーバを探す目的で調査を開始。

これまで研究してきた宿主と密接な関係を持たないアメーバ群として、ケルコゾア(Thecofilosea)」という球状アメーバを対象としました。

ケルコゾアの一種(Cercomonas sp.)
ケルコゾアの一種(Cercomonas sp.) / Credit: ja.wikipedia

その結果、生息環境から採取したケルコゾアが、実際にレジオネラ属菌のホストとして機能していることが判明。

さらに、ケルコゾアから見つかったのは、これまで未記載だった新種のレジオネラ属菌(ポケモナス)でした。

モンスターボールの中に潜んでいるように見える?(イメージ画)
モンスターボールの中に潜んでいるように見える?(イメージ画) / Credit: Marcel Dominik Solbach

同チームのケネス・デュマック氏は「今回の結果は、レジオネラ属菌が宿主とする生物の範囲が、以前考えられていたよりかなり広いことを示す」と指摘。

さらに「これらの知見は、予想より多くのアメーバがレジオネラ属菌のホストとなっており、ひいては疾患の媒介者にある可能性を示唆しています。

これを詳しく理解するため、私たちは現在、ポケモナスの完全なゲノム解析を行なっているところです」と説明しました。

研究主任のマイケル・ボンコウスキー氏は「将来的には、レジオネラ属菌同士の関係をより深く理解し、宿主との相互作用や感染経路を明らかにすることで、人への感染を防ぐことができる」と述べています。

解析の結果次第では、ポケモンより厄介な存在になるかもしれません。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

生物学biology

もっと見る

Special

注目pick up !!