4月19日、半年後地球へ落下する小惑星が発見された(シミュレーション)
4月19日、半年後地球へ落下する小惑星が発見された(シミュレーション) / Credit:depositphotos
space

NASAが実施した小惑星地球衝突シミュレーション 核兵器でも阻止できない

2021.05.05 Wednesday

Hypothetical Asteroid Devastates Europe in Doomsday NASA Simulation(sciencealert) https://www.sciencealert.com/nasa-s-emergency-simulation-reveals-why-we-may-not-be-able-to-stop-an-asteroid-impact The 2021 PDC Hypothetical Asteroid Impact Scenario(CNEOS-NASA) https://cneos.jpl.nasa.gov/pd/cs/pdc21/

4月19日、地球から5700万キロメートル離れた位置に地球衝突コースに乗った小惑星が発見しました。

「2021PDC」と名付けられたこの小惑星は、半年後の2021年10月20日に、地球へ落下すると予想されます。

と、これはーストリアのウィーンで開催された国際天文学アカデミー(IAA)2021惑星防衛会議においてNASA主導で行われた、小惑星の地球衝突シミュレーションのシナリオです。

本当にそんな小惑星が存在するわけではないので、なにも心配する必要はありません。

しかし、もし半年後に地球へ衝突するという小惑星が発見されたとき、人類には何ができるのでしょうか?

地球衝突の危険性がある小惑星を発見!

注)これはシミュレーションです。

4月19日、地球から5700万キロメートル離れた位置に地球衝突の危険性がある小惑星が発見されました

小惑星の呼称は「2021PDC」と決定。

この小惑星の見かけの等級は21.5(約120メートル)です。

しかし、サイズを推定するための反射率(アルベド)が不明のため、実際のサイズは35~700メートルの範囲である可能性があります。

小惑星発見の翌日、4月20日に小惑星の軌道が算出され、半年後の10月20日に地球軌道と交差することが判明しました。

現時点での地球との衝突確率は5%です。

しかし、観測データは日を追うごとに集まっていき、地球への衝突確率は着実に増加していくことになります。

小惑星は秒速5キロメートルで、地球へ接近していてゆっくりと明るくなっており、発見後1週間で広く観測されるようになるでしょう。

小惑星は現在遠すぎるためレーダー検出ができません。レーダーの範囲内に入るのは落下予想から1カ月を切った10月以降です。

小惑星2021PDCの軌道
小惑星2021PDCの軌道 / Credit:CNEOS – NASA,Planetary Defense Conference Exercise – 2021

上の画像は4月20日時点での小惑星と地球の位置および軌道を表したものです。2つの軌道が交差する赤枠が衝突予想ポイントとなります。

現時点で得られた情報から、科学者たちは小惑星の地球衝突予想を組み立てます。

次の画像は、赤枠の軌道交差点を拡大したものです。

赤い点で示されているのが、2021年10月20日に、地球と軌道を交差させて通過するときの小惑星の予測位置です。

たくさん点があるのは、現時点での予想不確実性のためです。

2021年10月20日の小惑星2021PDCの予測位置の現時点での不確実性
2021年10月20日の小惑星2021PDCの予測位置の現時点での不確実性 / Credit:CNEOS – NASA,Planetary Defense Conference Exercise – 2021

月軌道直径の4分の3に及ぶ縦長の範囲で、小惑星は地球と交差する可能性があります。

この不確実性領域は今後数カ月にわたる観測によって、適切に修正されていくことになります。

衝突時の小惑星の位置に関する不確実性領域は、地球のサイズよりはるかに大きいため、地球のどこにでも落下する可能性があります

次の画像では、現在の不確実性を考慮した上で、GoogleEarth上に予想される地上の衝突地点をプロットしています

2021PDCの落下予想地点
2021PDCの落下予想地点 / Credit:CNEOS – NASA,Planetary Defense Conference Exercise – 2021

こんなに落下予想が広いのでは、エヴァで受け止めるのも難しそうです。

衝突予想時、地球は小惑星に対してこの面を向けているため、インドネシアやオーストラリアなどの危険度は低いようです。

しかし、小惑星は地球重力の影響で曲がるため、この面以外の地球のエリアも落下の影響を受ける危険性があります。

小惑星衝突時の影響予想
小惑星衝突時の影響予想 / Credit:CNEOS – NASA,Planetary Defense Conference Exercise – 2021

現在、地球への落下場所などは不確実なままです。

しかし、小惑星が地球へ到達するまで、まだ半年の時間があります。

人類にこの厄災を回避することは可能なのでしょうか?

次ページ核兵器を使っても衝突阻止は困難

<

1

2

3

>

物理学physics

もっと見る

Special

注目pick up !!