4月19日、半年後地球へ落下する小惑星が発見された(シミュレーション)
4月19日、半年後地球へ落下する小惑星が発見された(シミュレーション) / Credit:depositphotos
space

NASAが実施した小惑星地球衝突シミュレーション 核兵器でも阻止できない (2/3)

2021.05.05 Wednesday

Hypothetical Asteroid Devastates Europe in Doomsday NASA Simulation(sciencealert) https://www.sciencealert.com/nasa-s-emergency-simulation-reveals-why-we-may-not-be-able-to-stop-an-asteroid-impact The 2021 PDC Hypothetical Asteroid Impact Scenario(CNEOS-NASA) https://cneos.jpl.nasa.gov/pd/cs/pdc21/

核兵器を使っても衝突阻止は困難

惑星防衛会議で行われた演習の2日目、シミュレーションの時間は5月2日時点まで進められました。

この時点で、新しい衝突軌道計算が行われ、2021PDCはほぼ確実にヨーロッパ、または北アフリカに打撃を与えることが判明しました。

5月2日時点で予想された2021PDCの落下予想範囲
5月2日時点で予想された2021PDCの落下予想範囲 / Credit:JPL / NASA

ここで演習に参加した科学者たちは、探査機を使った攻撃によって小惑星を破壊したり、小惑星の軌道をそらせる可能性があるかを検討しました。

結果、科学者たちは、現実に今回の2021PDC仮想シナリオが発生した場合、半年未満の期間でこの小惑星に対応する探査機(宇宙船)を打ち上げることは、現在の技術では不可能だと結論づけました。

そこで、参加者たちは次に核兵器を用いて小惑星の爆破・破壊ができないかを検討しました。

核兵器破壊ミッションを展開すれば、小惑星衝突による被害を大幅に減らすことが可能です。

しかし、今回想定されている35~700メートルのサイズ範囲を持つ小惑星を、核兵器で破壊できるかどうか不確かでした。

この時点で、人類が小惑星に対して打てる手立てはほぼ失われてしまいました。

演習の3日目は、6月30日まで時間が進められます。

この時点で、2021PDCは東ヨーロッパに向かっていることが明確になりました。

そして演習4日目、ついに小惑星衝突の1週間前まで時間が進められます。

次ページ悲惨な結末

<

1

2

3

>

宇宙のニュースspace news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!