国際宇宙ステーションで438日保管された赤ワイン
国際宇宙ステーションで438日保管された赤ワイン / Credit:Mission WISE
space

1本1億円「宇宙ワイン」は地球上より早く熟成が進むと明らかに

2021.05.08 Saturday

Red wine in space may age faster than on Earth, study finds(space.com) https://www.space.com/red-wine-in-space-aged-faster

なんともフランスらしい研究が、国際宇宙ステーションを利用して実施されました。

それは、宇宙でワインを熟成させるとどうなるだろう? というものです。

フランス企業Space Cargo Unlimited社は、「Mission WISE」という研究プロジェクトの第一弾として、赤ワインを宇宙へ輸送し、1年以上熟成させた後、同じ期間地上で熟成させたワインと飲み比べるという実験を行いました。

その結果、宇宙で1年熟成させた赤ワインは、地上で3年熟成させた場合に近い味わいになったとのこと。

宇宙のワインは早熟であることが明らかとなったのです。

早熟な宇宙ワイン

2019年11月、シグナス補給線が宇宙ステーション(ISS)に12本のボルドーワイン「Pétrus2000(ペトリュス 2000)」を輸送しました。

これは、宇宙飛行士にとっては残念なことに、食事の楽しみとして送られたわけではありません。

無重力がワイン熟成にどのような影響を与えるかという、科学研究のために送られたものでした。

12本のワインは、軌道上のワインセラーに438日と19時間(14カ月)保管された後、再び地上へ戻されました。

そして、分析の初期段階として、地上で同じ期間熟成された同じ種類のボトルとの試飲会が開催されました。

この試飲会に参加したのは、プロのワインテイスター5人を含む、12人のパネリストたちです。

このテストでは、パネリストにどれが何のワインかわからない形で、3杯のワインが用意されました

彼らはそれを、視覚、味覚、嗅覚の基準に従って、テイスティングしていきます。

パネリストには、地上・宇宙熟成を隠した状態で3杯のワインが用意されテイスティングが行われた
パネリストには、地上・宇宙熟成を隠した状態で3杯のワインが用意されテイスティングが行われた / Credit:Mission WISE

結果は、満場一致で2つのワインが素晴らしいと評価されました

そして、その2つのワインとはどちらも国際宇宙ステーションで14カ月間保管された宇宙ワインだったのです。

パネリストたちはまず色合いが他と違うことを確認し、1人は「レンガのような反射を伴うルビーの色合いだ」とコメントしました。

香りや味わいの違いについても、その複雑さは際立っていたと評価され、2つのワインはそれを証明するように豊富な語彙で説明されたとのこと。

甘さ、調和、持続性の感覚的側面が特に注目されたようです。

素人には、こうしたワインを見分ける感覚の違いは容易に理解できませんが、パネリストたちは自分たちの味わっているものが、地上熟成か、宇宙熟成か事前に知らないまま、明確な違いを表現しました。

テイスティングに参加したパネリストの1人、ワイン作家のジェーン・アンソン氏は記者会見の場で「宇宙で熟成されたワインは、実際の保管期間から予想されるよりも、おそらく2年から3年熟成が進んでいた」と語っています。

次ページ宇宙が与えるワインへの影響

<

1

2

>

宇宙のニュースspace news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!