人でも「腸呼吸」ができる?
人でも「腸呼吸」ができる? / Credit: jp.depositphotos
medical

お尻から酸素、腸呼吸をブタで確認! コロナの呼吸不全への応用も可能か

2021.05.17 Monday

Mammals can breathe through anus in emergencies https://phys.org/news/2021-05-mammals-anus-emergencies.html Pigs can breathe through their butts. Can humans? https://www.livescience.com/mammals-can-breathe-through-anus-intestine-ventilation.html
Mammalian enteral ventilation ameliorates respiratory failure https://www.cell.com/med/fulltext/S2666-6340(21)00153-7?utm_source=EA

東京医科歯科大を中心とした研究グループにより、お尻から酸素を取り込む「腸呼吸」の可能性が示されました。

今回の研究では、マウス、ラット、ブタにおいて腸呼吸の効果が実証され、呼吸不全の改善に成功しています。

そのことから、同じ哺乳類であるヒトへの適用も期待できるとのことです。

研究は、5月14日付けで『Journal Med』に掲載されています。

腸呼吸で生存時間が延びた!呼吸不全も改善

腸呼吸の研究は、従来の人工呼吸法を改善する目的でスタートしました。

人工呼吸は、専用の機械を患者の気管に通してに空気を送り込むもの。

中でも、ECMO(エクモ、体外式膜型人工肺)は、患者から取り出した血液を人工肺で酸素化し、二酸化炭素を除去して、再び患者に戻すため、体への負担がかなり大きいです。

この負担やリスクを減らすため、研究チームは、ドジョウの腸呼吸に注目しました。

ドジョウは酸素が少ない環境に置かれると、エラだけでなく腸でも呼吸を始めます。彼らは酸素不足に反応し、肛門付近の腸組織を変化させることで、効率的に酸素を取り込めるのです。

また、ドジョウの腸の粘膜がとても薄いため、酸素が腸組織を透過して血管に入り込みやすくなっています。

腸呼吸の実験方法
腸呼吸の実験方法 / Credit: Takanori Takebe et al., Med(2021)

チームは、哺乳類の腸でも酸素を吸収できるかどうか確かめるべく、マウス、ラット、ブタを用いた実験を行いました。

方法は、低酸素状態に置いたモデル動物を、高濃度の酸素が溶け込んだ液体につけ、お尻から腸にその液体を送り込むというもの。

その結果、すべてのモデル動物で血中の酸素量の大幅な増加が確認され、生存時間も低酸素状態で放置したグループと比べ、数十分単位で伸びていました。

さらに、ドジョウの腸条件に近づけるため、モデルマウスの腸の粘膜をはがして実験してみると、何もしなければ5〜10分で死んでしまうのに、75%が1時間以上生き延び、呼吸不全が改善されたのです。

これはブタでも同じ効果が確認され、腸を含む臓器への副作用も見られませんでした。

この結果を受け、研究主任の武部貴則氏は「現在、新型コロナウイルス感染症で、人工呼吸器が足りずに命を落とすケースが報告されています。

今回の腸呼吸は、人工呼吸の選択肢を増やすとともに、肺に負担をかけない新たな治療法として確立できるでしょう」と述べています。

次ページヒトに適応する際の問題点は?

<

1

2

>

医療medical

もっと見る

Special

注目pick up !!