新たな技術は人間に第六の指を追加する
新たな技術は人間に第六の指を追加する / Credit:daniclode.com
technology

「第3の親指」を追加された時に脳は柔軟な対応ができる (2/2)

2021.05.20 Thursday

ROBOTIC AUGMENTATION CAN TRANSFORM HUMAN BODIES — BUT AT A PSYCHOLOGICAL COST https://www.inverse.com/innovation/robot-human-hybrids
Robotic hand augmentation drives changes in neural body representation https://robotics.sciencemag.org/content/6/54/eabd7935

手腕切断よりも大きな脳への影響

fMRIの中で手を動かした時の脳の活動を調べた
fMRIの中で手を動かした時の脳の活動を調べた / Credit:Dani Clode Design and The Plasticity Lab, UCL

研究チームは、参加者が「第3の親指」を使用する前と後それぞれの、活動をfMRIの中で手を動かしてもらい調査しました。

すると、参加者たちは自分の手を精神的に表現して理解する指の神経表現が収縮していたのです。

指の神経表現に関する脳の活動が萎縮していた
指の神経表現に関する脳の活動が萎縮していた / Credit:Dani Clode Design and The Plasticity Lab, UCL

これは参加者が「第3の親指」を使用するトレーニングをしたことで、脳の手に関する理解に変化が及んだことを意味しています。

しかし、事故などにより手を失った人であっても、このような変化が確認されたことはありません

手腕を切断したとしても、人の脳内の手の表現は安定したままです。

それが、たった5日間「第3の親指」を使用しただけで、このような変化が起きたということは、研究者たちから見て些細な問題とは考えられませんでした。

まだ、今回発見された脳の変化が、具体的に何を意味するかは理解されていません。

しかし、この結果は、まだ脳が完全にできあがっていない若年層や子供にとってさらに大きな影響を及ぼす可能性があります

「このデバイスは、斬新なおもちゃのように見えるかもしれませんが、その効果は子供の遊びではありません。人体拡張技術の脳への影響を検討することは非常に重要です」

研究著者の1人である、UCLのダニー・クロード氏はそのように語り、特に子供や青年にデバイスを与えた場合の、脳の可塑性(変形後戻らずに残る性質のこと)について、危惧しています。

この影響についてはさらに調査を進め、拡張技術が人の運動能力などに生物学的な悪影響を与えないように学んでいく必要があります。

動画を見ると参加者たちは無邪気に楽しんでいるように見えますが、人間の体を拡張する技術については、慎重にならなければいけないようです。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

テクノロジーのニュースtechnology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!