中国とアメリカをつなぐ高速鉄道計画
中国とアメリカをつなぐ高速鉄道計画 / Credit:Depositphotos
traffic

中国はアメリカへとつながる「水中電車」を走らせたいと考えている

2021.05.31 Monday

China Wants To Build An 8,000-Mile Underwater Train Line To The USA https://www.iflscience.com/technology/china-wants-to-build-an-8000mile-underwater-train-line-to-the-usa/

中国は現在、世界で最も広大な高速鉄道網を有しており、その勢いは国内だけにとどまりません。

中国の壮大な計画によると、中国からロシアを通り、カナダやアメリカにつながる高速鉄道の建造を望んでいるとのこと。

この計画にはロシア-カナダ間の大規模な海底トンネルも含まれており、合計2000憶ドル(約22兆円)かかると言われています。

中国とアメリカをつなぐ高速鉄道計画

大規模な高速鉄道計画が浮上したのは2014年のことであり、複数の報道機関が取り上げました。

それは中国-ロシア-カナダ-アメリカ」をつなぐ高速鉄道であり、計1万3000kmにも及ぶそう。

4つの国を横断し、貿易、観光、経済を促進させるのです。

しかしこの計画を実現させるには、数々の難関を突破しなければなりません。

ベーリング海峡を横断しなければいけない
ベーリング海峡を横断しなければいけない / Credit:Demis,wikipedia

特にユーラシア大陸とアメリカ大陸はベーリング海峡によって分かたれており、この海峡を横断する必要があります。

現在、世界一海底部が長いトンネルは、イギリスとフランスを結ぶ英仏海峡トンネル(海底部37.9km)です。

ベーリング海峡にトンネルをつくる場合、英仏海峡トンネルの4倍の大きさが必要だと言われており、はるかに高度な技術が求められます。

当時、中国の技術者たちは既にロシアと開通に向けた協議を行っていると述べており、技術的にも可能だと信じていました。

次ページ国をつなぐ鉄道路線の進捗は?実現は難しいかも!?

<

1

2

>

交通traffic

もっと見る

Special

注目pick up !!