瞑想は「チーム単位」で行うと社内の人間関係に効果があることがわかる

life 2018/05/05
Credit: Pixabay

ひとりで完結する仕事って、なかなかないですよね。基本的に会社での仕事はチームで動いているはずです。そして、そのチームでなにかいいものを作り上げようとしているのであれば、そこに意見の対立は避けられません。

しかし最新の研究により、「チーム」でおこなうマインドフルネス瞑想によって、そのような衝突を軽減、あるいは回避することができることがわかりました。

Introducing Team Mindfulness and Considering its Safeguard Role Against Conflict Transformation and Social Undermining

https://journals.aom.org/doi/10.5465/amj.2016.0094

研究では、アメリカのMBA取得を志す学生394名と、中国の医療従事者292名が対象となりました。異なる文化をもつ両国において「チームでのマインドフルネス瞑想」を実施した結果、どちらの国においても、チームがより瞑想に集中したときに個人間の衝突が減ったことがわかりました。瞑想によって仕事について考えない時間をつくることにより、強い感情を和らげ、独りよがりの判断を避けることができたと考えられます。

Credit: Pixabay

研究者の一人であるミネソタ大学の Mary Zellmer-Bruhn氏は、「この研究は、個人間の仕事での衝突が誰かの足を引っ張る態度につながり、チームに害を与えることを示しています。そしてチームでのマインドフルネス瞑想が、これに対するセーフガードとして働いています。つまり、よい成果をあげるには人ではなく仕事に集中しなければいけないことを思い出させてくれるのです」と語っています。

この研究は、「マインドフルネス瞑想は一人でおこなうもの」といった 既成概念に対するチャレンジであったといえます。

研究を率いた Lingtao Yu氏は、「マインドフルネス瞑想によって個人の仕事に対する満足度が増したり、ストレスが軽減されるといったことは証明されています。私たちは、そういった恩恵がチーム単位でも起こりうるのではないかと考えたのです」と述べ、この研究の意義について語っています。

 

過去に当サイト「ナゾロジー」においても、一人でできる簡単な瞑想方法について紹介しています。

1分でもOK。瞑想の3つの簡単なやり方と効果まとめ

ひとりでもチームでも効果的な「マインドフルネス瞑想」。しかもお金もかからず、めっちゃ手軽に実践できてしまいます。Googleなどの大企業が奨励していることでも有名なこの瞑想。あなたもぜひ習慣のひとつにしてみては?

 

via: medicalxpress / translated & text by なかしー

 

関連記事

脳を科学的に覚醒させる7つの方法「不安を65%減らす音楽」

人を効果的に協力させるために必要な2つの能力

9つの木で「本当の性格」がわかる心理テスト

SHARE

TAG

lifeの関連記事

RELATED ARTICLE