親マウスの「経験」が子マウスに遺伝すると判明! 慢性社会的敗北ストレスは精子に乗って継承される
親マウスの「経験」が子マウスに遺伝すると判明! 慢性社会的敗北ストレスは精子に乗って継承される / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
biology

慢性社会的敗北ストレスは父マウスから子へ「精子にのって遺伝する」と明らかに (3/4)

2021.06.11 Friday

Mice Fathers Pass Down Stress Responses to Offspring via Sperm https://neurosciencenews.com/epigenetics-mice-stress-18569/
Sperm transcriptional state associated with paternal transmission of stress phenotypes https://www.jneurosci.org/content/early/2021/06/01/JNEUROSCI.3192-20.2021

1460個もの遺伝子の活性が変化していた

慢性社会的敗北ストレスは精子に乗ってRNA配列の違いという形で遺伝していた
慢性社会的敗北ストレスは精子に乗ってRNA配列の違いという形で遺伝していた / Credit:Canva/ナゾロジー編

哺乳類であるマウスは人間と同じく、精子が卵子に受精することにより子どもが産まれます。

そのため親の「経験」が遺伝するならば、その情報もまた、精子や卵子に反映されていなければなりません。

そこで研究者たちは、慢性社会的敗北ストレス状態に陥ったマウスたちの精子に含まれるRNA(長鎖ノンコーディングRNA)の配列を調べました。

結果、ストレスからの回復力が弱いマウスでは1460個もの遺伝子の転写パターンが変化していたことが判明します。

一方でストレスからの回復力が強かったマウスでは、遺伝子の転写パターンの変化は62個に抑えられていました(ストレスを受けていないマウスの精子は0個)。

長鎖ノンコーディングRNAは、遺伝子の活性度を制御する遺伝子の一種として知られており、これが精子に乗って受精卵に届けられた場合、子マウスの体全体の遺伝子活性が大きく影響されることになります。

以上の結果から研究者たちは、親マウスの受けたストレスはRNAに刻まれ、精子に乗って子マウスに遺伝すると結論しました。

次ページ人間のうつ病も親の「経験」が原因かもしれない

<

1

2

3

4

>

生物学biology

もっと見る

Special

注目pick up !!