NO休憩NO上達 休憩中の脳内では練習内容が超高速再生され上達効果をうんでいたと判明!
NO休憩NO上達 休憩中の脳内では練習内容が超高速再生され上達効果をうんでいたと判明! / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
brain

練習中ではなく「頻繁な休憩」がスキルを上達させると判明 (3/3)

2021.06.16 Wednesday

Study shows how taking short breaks may help our brains learn new skills https://www.ninds.nih.gov/News-Events/News-and-Press-Releases/Press-Releases/Study-shows-how-taking-short-breaks-may-help-our-brains
Consolidation of human skill linked to waking hippocampo-neocortical replay https://www.cell.com/cell-reports/fulltext/S2211-1247(21)00539-8?_returnURL=https%3A%2F%2Flinkinghub.elsevier.com%2Fretrieve%2Fpii%2FS2211124721005398%3Fshowall%3Dtrue

超高速再生が上達につながるのは記憶の圧縮と統合が起きているから

休憩中の脳内では複数の領域が超高速再生を行いつつ交信しあって、情報の圧縮と統合を行っている。この圧縮と統合こそが上達の本質と考えられる
休憩中の脳内では複数の領域が超高速再生を行いつつ交信しあって、情報の圧縮と統合を行っている。この圧縮と統合こそが上達の本質と考えられる / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

今回の研究により、新しいスキルの練習・休憩・上達の関係が解き明かされました。

休憩中に起こる練習内容の超高速再生には上達を起こす秘訣だったのです。

そして上達の個人差は、休憩中に起こる高速再生の回数に依存していました。

また休憩による上達効果は、経験的な1晩ではなく「秒」単位で起こることも示されます。

さらに追加の実験によると、休憩中の高速再生が行われているのは脳の「感覚運動領域」、「海馬」、「嗅内皮質(きゅうないひしつ)」の3カ所であることも判明します。

研究者たちは、休憩に入ることで、これら3カ所の脳領域が緊密に情報交換を行い、練習内容の圧縮・統合することで、上達効果をうみだしていると結論しました。

もし今後、新しいスキルを学ぶ予定があるのならば、練習の合間に「起きている状態の休憩」を頻繁にとってみるといいかもしれません。

根性論的な、ぶっ続けの練習よりは大きな効果をうむかもしれません。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!