単なる細胞塊を胚を模倣した何かに変換することに成功
単なる細胞塊を胚を模倣した何かに変換することに成功 / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
biology

幹細胞から「脳や心臓をもつ擬似的な胚」を作ることに成功 (3/3)

2021.07.02 Friday

In a Dish, a Mouse, Crafted From Stem Cells, Begins to Form https://newsroom.uvahealth.com/2021/06/28/in-a-dish-a-mouse-crafted-from-stem-cells-begins-to-form/
Construction of a mammalian embryo model from stem cells organized by a morphogen signalling centre https://www.nature.com/articles/s41467-021-23653-4

胚様体の作成技術は移植用臓器の究極の供給源となる

幹細胞由来の胚や胎児は移植用臓器の供給源として有望である
幹細胞由来の胚や胎児は移植用臓器の供給源として有望である / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

今回の研究により、適切な前後軸の情報を与えることで、幹細胞の塊を複数の臓器を含む疑似的な胚(胚様体)に、誘導できることが示されました。

胚様体の内部に形成された臓器(例えば腸)は、オルガノイドのような臓器単体の培養とは異なり、血管や神経と連結され他の臓器との相互作用可能になると期待されます。

今回の研究では前や中脳の一部が上手く造られませんでしたが、研究者たちは既に原因となる要素を特定しており、遠からずより完全な胚様体が模倣されるかもしれません。

研究者たちは、これら胚様体が将来の移植臓器の大量生産に有用な方法であると考えています。

例えば、自分の皮膚から取り出した細胞を幹細胞化させて、そこから自分と同じ遺伝子を持つ胚や胎児を造ることができれば、拒絶反応がない完璧な移植臓器の供給源とすることが可能です。

しかし限りなく完全に近い胚様体は、ある時点で生命倫理に反する可能性があります。

疑似的な胚(胚様体)を造る技術が極限まで発展すると、精子と卵子からできた胚との区別がつかなくなる可能性があるからです。

ペトリ皿で培養されている細胞にすら「命」らしきものを作る能力が判明した今、どの段階の何に対して命の尊厳を与えるかを、考え直さなければならないかもしれません。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

生物学のニュースbiology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!