腸内細菌がいないとマウスが「ボッチ」になる不思議現象を解明!
腸内細菌がいないとマウスが「ボッチ」になる不思議現象を解明! / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
biology

腸内細菌を持たないマウスが「ボッチ」になる理由が明らかに (3/4)

2021.07.03 Saturday

Gut bacteria may ‘talk’ to the brain, mouse study suggests https://www.livescience.com/microbiota-shape-social-behavior-mice.html
Microbiota regulate social behaviour via stress response neurons in the brain https://www.nature.com/articles/s41586-021-03669-y

特に乳酸菌の「E. フェカリス」がボッチを癒す

フェカリス菌は代表的な乳酸菌のひとつ
フェカリス菌は代表的な乳酸菌のひとつ / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

副腎を引き抜いたりを改造する方法は、確かにマウスの社交性を回復させました。

しかしどちらも非常に身体に負担が大きいものになっています。

そこで研究者たちは、腸内細菌を持たないマウスたちにさまざまな乳酸菌を与えて、どの種類の菌が社交性を回復させるかを調べました。

結果「Enterococcus faecalis」(エンテロ コッカス・フェカリス)を与えたマウスで、社交性が大きく改善することが示されます。

「E. フェカリス」は市販の胃腸薬や腸活サプリメントの一部に含まれている、代表的な乳酸菌です。

次ページ腸内細菌と脳は会話している

<

1

2

3

4

>

生物学のニュースbiology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!