自然の作り込み具合が半端ないオープンワールドゲームRDT2
自然の作り込み具合が半端ないオープンワールドゲームRDT2 / Credit:Rockstar Games
information-and-communication

『レッド・デッド・リデンプション2』のプレイヤーはガチで野生動物に詳しくなっていたと判明

2021.07.18 Sunday

Red Dead Redemption 2 teaches players about wildlife(University of Exeter) https://www.exeter.ac.uk/news/homepage/title_866694_en.html
The educational value of virtual ecologies in Red Dead Redemption 2 https://besjournals.onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/pan3.10242

部屋に閉じこもってゲームばかりしているゲーマーは、自然のことなんて何も知らない。

そう思っている人は、考え方を改めなければなりません。

1899年のアメリカ西部を舞台にしたゲーム「レッド・デッド・リデンプション2(以下、RDR2)」には、約200種の実在する動物たちが登場しますが、その作り込みが半端じゃないことで有名です。

英国エクセター大学(University of Exeter)およびトゥルーロ大学(Truro and Penwith College)の新しい研究は、RDR2のプレイヤーとそうでない人たちに野生動物の写真を識別するテストを行いました。

すると最近RDR2をプレイした人たちが非常に高いスコアを叩き出したのです。

この研究の詳細は、7月8日付で学術雑誌『People and Nature』に掲載されています。

専門家の目から見ても野生動物の再現がスゴすぎる

論文内で紹介されているRDR2のスクリーンショット
論文内で紹介されているRDR2のスクリーンショット / Credit:Instacodez via Flickr/Rockstar Games,Edward J. Crowley et al.,People and Nature(2021)

『レッド・デッド・リデンプション2(以下、RDR2)』は、GTAなどのゲームでも有名なロックスター・ゲームス(Rockstar Games)が開発した西部劇の世界を体感できるオープンワールドゲームです。

西部劇のガンマンとなって物語を楽しむのがこのゲームの目的といえますが、特にゲーマーの間で話題となっているのは、このゲームの細やかな作り込み部分です。

RDR2では、世界への没入感を高めるために豊かな自然環境や、200種におよぶ野生動物が登場しますが、それらが異常なレベルで作り込まれているのです。

発売前の試遊の段階からすでに、このゲームは温度変化で馬の睾丸の大きさが変化することが話題になっていました。

序盤では不評な雪山だが、RDR2は自然環境や狩りが強いこだわりをもって描かれている
序盤では不評な雪山だが、RDR2は自然環境や狩りが強いこだわりをもって描かれている / Credit:Rockstar Games

RDR2は「狩り」も重要なポイントになっていて、その対象となる動物たちの表現はかなりこだわりを持って再現されているのです。

そしてその作り込みは、プロの学者まで注目することになります。

エクセター大学の地理環境科学センターのサラ・クロウリー博士は、次のように述べています。

「『レッド・デッド・リデンプション2』のディテールの細かさは有名ですが、それは動物に関しても同様です。

 多くの動物は、見た目や行動がリアルなだけでなく、互いに影響しあっています。

 オポッサムは死んだふりをし、熊はハッタリをかまし、鷲は蛇を狩るのです」

実際、動物学者がゲーム画面内の動物の動きや行動を観察することで、その種がなんなのか特定することができたそうです。

あまりに良くできていたため、研究者らは「ひょっとすると、このゲームを遊んだプレイヤーたちは、動物に詳しくなっているんじゃないか?」と疑いを持ちました。

そこで、RDR2のプレイヤーとそうでない人たちを対象に、野生動物の識別テストをするという実験を実施したのです。

次ページRDR2のプレイヤーは知らぬ間に野生動物に詳しくなっていた

<

1

2

3

>

情報・通信のニュースinformation-and-communication news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!