シマウマに乗る女性(1923年撮影)
シマウマに乗る女性(1923年撮影) / Credit: Tibi Puiu(zmescience) – Why zebras were never domesticated,2021
animals plants

なぜシマウマは馬なのに家畜化できないのか? (2/2)

2021.08.08 Sunday

前ページ家畜化できないワケは生息環境にあった

<

1

2

>

どうしてもシマウマに乗りたかった人たち

19世紀に、ニュージーランドの首相を務めたジョージ・グレイ(1812〜1898)が、南アフリカからシマウマを輸入しました。

グレイは知事に就任した際、シマウマに馬車を引かせたがったといいますが、あまり上手くはいかなかったようです。

それから、イギリスの動物学者であったウォルター・ロスチャイルド(1868〜1937)も、長い時間をかけてシマウマを飼い慣らし、シマウマの引く馬車でバッキンガム宮殿に行ったと伝えられています。

また、20世紀初頭には、ナイロビで最初の医師となったロゼンド・リベイロ(1871〜1951)が、シマウマに乗って各家を往診していました。

シマウマの馬車に乗るロスチャイルド
シマウマの馬車に乗るロスチャイルド / Credit: Tibi Puiu(zmescience) – Why zebras were never domesticated,2021
シマウマに乗るロゼンド・リベイロ
シマウマに乗るロゼンド・リベイロ / Credit: en.wikipedia

しかし、これらはシマウマを飼い慣らした2、3の例にすぎません。その陰では、多くの試みが失敗に終わっています。

2013年には、米・バージニア州在住の女性、シーア・インマンさんが、シマウマを訓練して、乗馬を試みました。

何ヶ月にもわたる忍耐と報酬を与える訓練を続けた結果、なんとかシマウマに乗れたものの、インマンさんはこう述べています。

「30年も人を乗せ続けてきたベテラン馬のように振る舞う日もあれば、次の日には、人を見たことないような態度を取ることが良くある」

インマンさんがシマウマに乗る様子。

このように、シマウマは馬のような外見にもかかわらず、人間に簡単には服従しません。

結局のところ、シマウマには、弱肉強食のアフリカの地で育ったDNAが深く刻み込まれているのです。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!