プロトタイプは足場のついたドローンみたいに見えるが、先駆的な垂直離着陸飛行制御システムを検証している
プロトタイプは足場のついたドローンみたいに見えるが、先駆的な垂直離着陸飛行制御システムを検証している / Credit:JetPack Aviation
traffic

時速240kmで空飛ぶバイク「Speeder」のプロトタイプ飛行試験が成功

2021.07.21 Wednesday

Jetpack Aviation’s flying motorcycle prototype aces first tests(newatlas) https://newatlas.com/aircraft/flying-motorcycle-jetpack-aviation-speeder/ Recreational SPEEDER(JetPack Aviation) https://jetpackaviation.com/recreational-speeder/#intro

アイアンマンのようなフライングジェットスーツのデモストレーションを公開して話題となった新興企業「JetPackAviation(JPA)」が、今度は新たに垂直離着陸(VTOL)航空機「SPEEDER」を発表しています。

その新しい乗り物は、まさに空飛ぶバイクのようであり、最大高度1万5000フィート(4572メートル)まで飛行可能で、最大速度は時速240kmに達するといいます。

現在プロトタイプの初期飛行試験が完了し、予約の受付も開始しています。

一体、それはどのような乗り物なのでしょうか?

垂直離着陸可能な新しい航空機

空飛ぶ車の前に、空飛ぶバイクが来るかもしれません。

新興企業の「JetPackAviation」は、「フライングモーターサイクル」という新しいジャンルの高級車の予約受付を開始しました。

同社は、以前にフライングジェットスーツを公開して話題になったメーカーです。

ジェットスーツのデモ動画
ジェットスーツのデモ動画 / Credit:JetPack Aviation/Dual JetPack Race (Official Video)

今回開発が進められているのは、スーツではなく垂直離着陸航空機です。

「SPPEDER」という名称のその乗り物は、まさに空飛ぶバイクのようなデザインです。

JetPackAviationが予約受付を開始したVTOL航空機SPEEDER
JetPackAviationが予約受付を開始したVTOL航空機SPEEDER / Credit:JetPackAviation

これで空を飛ぶとなるとかなり近未来的な感じがします。

公開されているSPEEDERのスペックは、最大高度1万5000フィート(4572メートル)、最高速度は時速240km、最大推力は1200ポンド、連続飛行時間は30分となっています。

この形状で1万5000フィートを飛ぶというのはちょっと怖い気もしますが、かなり高性能な乗り物になるようです。

現在は、そのプロトタイプの最初の飛行試験が完了している状態です。

次ページ安定した飛行制御が実証されたプロトタイプ

<

1

2

>

交通traffic

もっと見る

Special

注目pick up !!