星が輝く夜空
星が輝く夜空 / credit: depositphotos
space

【ペルセウス座】ヒーロー談で知られる神話がクズ選手権すぎた (2/3)

2021.08.07 Saturday

前ページ一番クズは誰だ? ペルセウス座神話

<

1

2

3

>

ペルセウス座流星群の見やすい時刻や方角は?

さて、神話からペルセウス座に興味を持っていただいたところで、今年のペルセウス座流群の観測情報をお伝えします。

2021年は8月13日未明の4時頃が極大です。極大の時間近くが夜ですし、月も21時頃には沈むので絶好の観測条件です。

放射点が高くなってくる8月12日の21時頃から、日の出前、13日の3時頃が観測チャンスです。国立天文台の情報によると、極大の時刻近くは1時間に50個程度見られると期待されます。

ペルセウス座流星群と放射点
ペルセウス座流星群と放射点 / Reference: 国立天文台

北東の空を見上げると特徴的なWの形をした星座がカシオペアです。都会でも簡単に見つかるため、放射点を探す場合は目印にしてください。

ただし、流星群は空の広い範囲で見えるため、方角よりもなるべく空がひらけたところで観察できることを優先したほうがいいでしょう。

次ページ23区でペルセウス座流星群が見える場所3選

<

1

2

3

>

宇宙のニュースspace news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!