ラットのオスにはメスにはない「友情」のようなものがあると判明!
ラットのオスにはメスにはない「友情」のようなものがあると判明! / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
biology

ラットのオスにはメスにない「特別な友情」があると判明

2021.07.31 Saturday

New study shows rats can make friends https://phys.org/news/2021-07-rats-friends.html
Non-random associations in group housed rats (Rattus norvegicus) https://www.nature.com/articles/s41598-021-94608-4

オスのラットには特別な友情があるようです。

7月28日にイギリスのポーツマス大学の研究者たちによって『Scientific Reports』に掲載された論文によれば、ラットのグループ内関係を3カ月に渡り調べた結果、オスにおいて社会的順位とは無関係な、個体間の好き嫌いが観察されたとのこと。

また興味深いことに、このような関係性のかたよりはメスでは検出されませんでした。

ラットには高い社会性があることが知られていましたが個体間の「友情」について調べられたのは、今回の研究がはじめてになります。

グループとしての仲間意識と個体間の友情は別物

ラットのオスにはメスにはない「友情」のようなものがあると判明!
ラットのオスにはメスにはない「友情」のようなものがあると判明! / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

これまでの研究により、哺乳類や鳥類などの多くの種に、強い社会性があることが知られています。

社会性を持つ動物はグループ内で結束することで、危機に対する相互補助など、個人では達成不可能な利益を得られます。

例えば、最近行われた研究では、ラットは危機に陥った仲間を積極的に助ける一方で、見知らぬ他人は見捨てることが判明しています。

ラットに仲間を助け他者を見捨てる「差別の脳回路」が見つかる

しかしグループとしての仲間意識と、個人的な友好関係は微妙に異なる概念です。

仲間意識は強くても個人的な関係が最悪である集団は、人間社会以外にも存在します。

にもかかわらず、既存のラットの社会性研究のほとんどは、グループとしての仲間意識に焦点をあてたものばかりであり、ラットの「友情」については詳しくわかっていませんでした。

そこでポーツマス大学の研究者たちは、ラットの個人的な交友関係の解明を試みました。

ただ問題は、どうやってラットの友情を数値化するかでした。

人間と違って個人的関係の優先度をラットに聞くことはできませんし、友情の示し方は種によってさまざまです。

研究者たちはどんな方法で、ラットの友情を測定したのでしょうか?

次ページラットの友情は上下関係を超えているかもしれない

<

1

2

3

>

生物学のニュースbiology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!