横になると「皮膚が敏感」になると判明! 有名な「腕組み実験」を行ったドリームチームが再び驚きの実験結果を発表!
横になると「皮膚が敏感」になると判明! 有名な「腕組み実験」を行ったドリームチームが再び驚きの実験結果を発表! / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
brain

人間は「寝転がるだけで皮膚が敏感になる」と明らかに!

2021.08.05 Thursday

Our Brains Perceive Our Environment Differently When We’re Lying Down https://neurosciencenews.com/perception-laying-down-19050/
Haptic awareness changes when lying down https://www.nature.com/articles/s41598-021-92192-1

寝転がるだけで、皮膚は敏感になるようです。

6月29日にカナダのマックマスター大学の研究者たちにより『Scientific Reports』に掲載された論文によれば、横になるだけで、脳は外部からの刺激への依存を減らし、触覚に重きを置くようになるとのこと。

私たちは横になることに慣れ過ぎており、多くの人にとって改めて違いを認識することは困難ですが、脳では明らかな変化が起きていたことが実験により判明しました。

いったいどうして横になるだけで、皮膚が敏感になるのでしょうか?

有名な「腕組み実験」を行ったドリームチームが集結

人間は横になるだけで皮膚が敏感になる
人間は横になるだけで皮膚が敏感になる / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

人間の感覚といえば目・耳・鼻・肌・舌による「5感」が有名です。

しかし実は、私たちの耳の奥には「バランス感覚」のための器官(三半規管と前庭)が存在しており、代表的な5感に劣らない真の意味での「第6感」を形成しています。

ですがバランス感覚と他の5感の間の相互作用については、意外なほど研究が進んでいませんでした。

バランス感覚と関連しているのは5感の中でも視覚くらいであるとの考えが主流だったからです。

特に、バランス感覚の変化によって触覚が変動するはずがないと誰もが決め込んでおり、研究分野の盲点となっていました。

しかし、マックマスター大学の研究者たちは違いました。

彼らは人間の触覚についてのエキスパートであり、20年間にわたり、ある有名な現象を研究してきました。その現象とは

「腕を組んでいると手の左右がわかりにくくなる」

というものでした。

腕を組んでいると右手を触られても左手を触られたと勘違いしてしまう
腕を組んでいると右手を触られても左手を触られたと勘違いしてしまう / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

人間は、左右の腕を組んで手の位置をあべこべにするだけで、左右のどちらの手を触られたのかという触覚の判断力を、劇的に低下させてしまうのです。

また興味深いことに、目を閉じると判断力が少し回復することも判明します。

視覚が触覚に与えていた影響を遮断することで、より純粋な触覚が得られ、触られた手を正確に判断できるようになったからです。

そんな触覚研究のエキスパートであるマックマスター大学の研究者たちは今回、新たにバランス感覚と触覚の関係解明に挑みました。

今度はいったい、彼らはどんな驚きの結果をみせてくれたのでしょうか?

結論から言えば「人間は横になるだけで皮膚が敏感になる」という驚きの結果でした。

次ページ人間は横になるだけで「皮膚が敏感」になっていた

<

1

2

3

4

>

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!