ヒマワリが東を向くのは、ハチを集めて受粉効率を上げるためだった
ヒマワリが東を向くのは、ハチを集めて受粉効率を上げるためだった / Credit:Depositphotos
plants

成熟したヒマワリが東向きに固定される理由が判明、ハチと太陽に原因がある

2021.08.22 Sunday

Why sunflowers face east https://phys.org/news/2021-08-sunflowers-east.html Researchers find out why sunflowers always face east https://www.zmescience.com/science/researchers-find-out-why-sunflowers-always-face-east/
Flower orientation influences floral temperature, pollinator visits and plant fitness https://nph.onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/nph.17627

成熟したヒマワリは、その顔を常に東に向けています。

アメリカ・カリフォルニア大学デービス校(University of California, Davis:UCD)に所属する植物学者ステイシー・ハーマー氏ら研究チームは、ヒマワリが東に向けて花を咲かせる理由を解明しました。

ヒマワリは東を向くことで、ミツバチを介した受粉の効率を向上させていたのです。

研究の詳細は、7月27日付の科学誌『New Phytologist』に掲載されました。

成熟したヒマワリは東を向く

成熟したヒマワリは東向きで固定される
成熟したヒマワリは東向きで固定される / Credit:Depositphotos

以前の研究から、成長期の若いヒマワリは、太陽を追って体を東から西に動かすと分かっています。

これはヒマワリ内部の概日リズムによって生じています。

人間の体内時計と同じく、植物の体内時計が作用することで日光を最大効率で吸収できるようにしていたのです。

そして太陽が沈むとまた東向きに戻り、朝日から十分に日光を受けられるよう備えます。

しかしこの1日の動きは、成長段階のヒマワリに限定されます。

成熟した(花が咲いた)ヒマワリは、顔の向きを東向きで固定してしまい、動かなくなるのです。

では、成熟したヒマワリが東向きで固定するのはなぜでしょうか?

ハーマー氏ら研究チームは、この点を解明しようとしました。

次ページ東向きのヒマワリは温かくミツバチを集めやすい

<

1

2

3

>

植物のニュースplants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!