地球の磁場は安定したものではなく、2億年周期で弱まっている
地球の磁場は安定したものではなく、2億年周期で弱まっている / Credit:canva
geoscience

2021.08.19 Thursday

地球の磁場が2億年周期で弱まっている理論の新しい証拠が見つかる (2/2)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

切断された右腕を「刃の義手」にした中世イタリア戦士の遺体が見つかる!

前ページ周期的に弱まる地球磁場

<

1

2

>

弱い磁場は磁極を反転させている?

では、磁場が弱まるとどういった問題が発生するのでしょうか?

地球の磁場の果たすもっとも大きな役割は、太陽の強力な放射から地上を保護することです。

磁場が弱まれば、地上は有害な太陽放射をもろに受け、生命に影響を及ぼします。

磁場を失うと、地球は太陽放射をもろにあびて大量絶滅が起きてしまう
磁場を失うと、地球は太陽放射をもろにあびて大量絶滅が起きてしまう / Credit:Depositphotos

最近の研究では、デボン紀-石炭紀境界(約3億5900万年前)の大量絶滅は、紫外線レベルの急激な上昇が関連していることが示されていますが、これは今回測定されたMPDLのもっとも弱い磁場測定の時期と一致しています

磁場の強度が大きく低下した場合、磁極が迷走し、完全に極が反転を起こす可能性があると研究者は語ります。

こうした磁場の変動は、地球深部の内部プロセスに関連していますが、将来的な変動を予想する手がかりは不足しています。

そのため磁場の変動の周期性を示す証拠が見つかるということは、非常に重要なことです。

今回の研究結果は、約2億年という長いサイクルで地球磁場がの強さが変化していることを裏付けています。

このような長いサイクルで起きる地球内部の変化を示す情報は、プレートテクトニクスの活動により絶えず破壊されてしまうため、非常に価値のあるものです。

弱い磁場が磁極の反転に関連しているという予想はありましたが、それを示す証拠は3億年以上前であるため、記録を発見することはこれまで難しいものでした。

今回の発見はそうした、磁場の強度低下が磁性反転と関連していたことを示す重要な証拠ともなっています。

安定した磁場(左)、不安定な時期の磁場(右)。磁場が不安定になると地球の磁場は複雑になり、数千年かけて極が逆転することもある。
安定した磁場(左)、不安定な時期の磁場(右)。磁場が不安定になると地球の磁場は複雑になり、数千年かけて極が逆転することもある。 / Credit:NASA,Earth’s Inconstant Magnetic Field(2003)

研究者によると、溶岩流から見つかった包括的な磁気分析では、現在は地磁気が安定している期間(スーパークロン)にあり、今後約5000万年間磁極が反転するようなイベントはないだろうといいます。

気候変動など、地球は今変革のときを迎えているような雰囲気が漂っていて、大量絶滅が起きるのか? と不安な気持ちにさせられますが、少なくとも磁性反転はしばらく起きる心配をしなくていいかもしれません。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

地球科学のニュースgeoscience news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!