無症状でも後遺症になる? 新型コロナウイルスの後遺症は体内で目覚めた別のウイルスが再活性化したためと判明!
無症状でも後遺症になる? 新型コロナウイルスの後遺症は体内で目覚めた別のウイルスが再活性化したためと判明! / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
medical

新型コロナ後遺症は「体内で目覚めた別のウイルスが原因」と示される

2021.08.20 Friday

Long COVID Might Be The Manifestation of a Different Virus Reawakened in The Body https://www.sciencealert.com/mounting-evidence-suggests-many-covid-19-long-haulers-are-co-infected-with-epstein-barr
Investigation of Long COVID Prevalence and Its Relationship to Epstein-Barr Virus Reactivation https://www.mdpi.com/2076-0817/10/6/763/htm

コロナ禍において人類は、2種類のウイルスと戦っていました。

最近、World Organizationの研究者たちにより『Pathogens』に掲載された論文によれば、新型コロナウイルスによる長引く後遺症が「EBウイルス」と呼ばれる、既に体内にある別のウイルスの再活性化によって引き起こされていることが示されました。

新型コロナウイルスに感染すると、体内で潜伏状態にあったEBウイルスが目を覚まし、「脳の霧」に代表される、長期的な後遺症を発症させていたようです。

つまり人類が戦っていたのは、新型コロナウイルスとEBウイルスの両方だった可能性が高いのです。

人類の体内に潜むEBウイルスとはどんなウイルスなのか?

そしてEBウイルスが新型コロナウイルスによって目覚めるのは、なぜなのでしょうか?

後遺症は別のウイルスのせいだった

後遺症は別のウイルスのせいだった
後遺症は別のウイルスのせいだった / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

新型コロナウイルスによるパンデミックが発生して以降、奇妙な症状が知られるようになってきました。

体内から新型コロナウイルスが消えて炎が収まったにもかかわらず、患者の30%が、頭に霧がかかったように思考が遮られてしまう「の霧」や極度の倦怠感、不眠症、頭痛、発疹、喉や腹部の痛みなどの後遺症が、数か月以上に渡って続くことがわかってきたのです。

そこで世界各地の医師たちは、この奇妙な後遺症の正体についてずっと調べを続けてきました。

最初に手掛かりを掴んだのは、武漢大学人民病院の医師でした。

この医師は、新型コロナウイルスにみられる肺炎以外の脳の霧や倦怠感、不眠症、頭痛、発疹などといった症状が、「EBウイルス」の感染症状に非常によく似ていると気付きました。

そして2020年の1月9日から2月29日にかけて、67人の入院患者に対して調査を行ったところ、55.2%の患者においてEBウイルスが活発に働いていることを発見します。

ただこの時点では、新型コロナウイルスとEBウイルスが重複感染している場合が多いことを示したのみで、後遺症との関連性は不明でした。

ですが同様のEBウイルスの検出事例は、世界各地で起きていました。

イタリアでは、新型コロナウイルスに感染してICU入りした重症患者の95.2%でEBウイルスの再活性化を確認。

またフランスでもICU入りした重症患者の82%、オーストリアにおいても、ICU入りした重症患者の78%でEBウイルスの再活性化が確認されます。

これらの結果は、新型コロナウイルスによるパンデミックの陰で、EBウイルスによるパンデミックも起きており、人類は2種類のウイルスの連合軍と戦っていたことを示します。

しかしEBウイルスとは、いったいどんなウイルスなのでしょうか?

次ページEBウイルスの症状は「キス病」の別名を持つ

<

1

2

3

4

5

>

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!