モデルナ社が対エイズウイルス用のmRNAワクチンの臨床試験を開始したと発表!
モデルナ社が対エイズウイルス用のmRNAワクチンの臨床試験を開始したと発表! / Credit:国立感染症研究所
medical

モデルナ社が「エイズワクチン」の臨床試験を開始したと発表 (2/2)

2021.08.21 Saturday

A Phase 1 Study to Evaluate the Safety and Immunogenicity of eOD-GT8 60mer mRNA Vaccine (mRNA-1644) and Core-g28v2 60mer mRNA Vaccine (mRNA-1644v2-Core) https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT05001373 Moderna set to start human trials of experimental mRNA HIV vaccine https://www.clinicaltrialsarena.com/news/moderna-hiv-vaccine/

コロナウイルスよりも遥かに手ごわいエイズウイルスに立ち向かう

コロナウイルスよりも遥かに手ごわいエイズウイルスに立ち向かう
コロナウイルスよりも遥かに手ごわいエイズウイルスに立ち向かう / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

今回行われるフェーズ1には、56人の非エイズ感染者が参加しています。

フェーズ1で最も重要視されるのはワクチンや薬の安全性です。

ワクチンを注射したときに体に異常が起こるかどうかを確かめるのです。

次いで今回の試験で重視されているのは、ワクチンの接種によって、私たちの免疫システムにちゃんと訓練が行われているかどうかのチェックです。

これは血液の分析で行われる予定です。

そして全てがクリアされ、より最終フェーズに進めば、多数の被験者にワクチンを打ち、長期的な観察を経て症状が抑えられているかどうかを確認することになります。

今回のワクチンが完成すれば、多くの人々をエイズウイルスから保護できるようになるでしょう。

しかしそれは一時的なものに終わる可能性もあります。

全人類がエイズウイルスのワクチンを接種して免疫を獲得しても、エイズウイルスは生き残りのために変異を繰り返し、ワクチンが効きにくい新たな変異種が登場すると予測されます。

エイズウイルスの変異速度は、新型コロナウイルスよりも遥かに高いために、戦いはより熾烈なものとなるでしょう。

ですがmRNAワクチンは既存のワクチンよりも変異への対応にも優れています。

変異した構造を特定できればmRNAを対応したものに書き換えて、即座に対応できるからです。

ウイルスの変異速度とワクチンの開発速度の正面対決は、始まったばかりと言えるでしょう。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!