コーヒーに「口当たり」を与える小分子を発見!
コーヒーに「口当たり」を与える小分子を発見! / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
life

コーヒーの「複雑な口当たり」を感じさせる分子が発見される (3/3)

2021.08.25 Wednesday

前ページ口当たりの要素は糖類や脂肪ではなく小分子が担当していた

<

1

2

3

>

コーヒーの質感を持つコーヒーではない飲み物ができるかもしれない

コーヒーの質感を持つコーヒーではない飲み物ができるかもしれない
コーヒーの質感を持つコーヒーではない飲み物ができるかもしれない / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

今回の研究により、コーヒーの複雑な質感「粘度」「舌触り」「渋み」「重さ」に、それぞれ担当する小分子が存在する可能性が示されました。

研究者たちは、これらの小分子を工業的に大量生産することで、安価なコーヒーにも高級コーヒーに負けない質感を与えたり、自分だけのスペシャルブレンドを作れるようになると考えています。

ですが現在、研究チームが最も関心を持っているのは、人間の口の中にこれらの小分子を感知する仕組みがあるかどうかというナゾです。

研究者によれば「舌触り」を担当するカフェオイルキナ酸には、味覚受容体の感度を低下させる作用があり、結果として舌触りを良くしている可能性があるとのこと。

私たちの味覚と小分子たちの関係を解き明かすことができれば、将来的には、コーヒーの質感を持つ、コーヒーではない全く新しい飲み物を開発できるかもしれません。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

ライフスタイルのニュースlife news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!