空を飛ぶ二足歩行ロボット
空を飛ぶ二足歩行ロボット / Credit:Yuhang Li(Guangdong University of Technology)_Design of a Flying Humanoid Robot Based on Thrust Vector Control(2021)
robot

ついに飛行する二足歩行ロボットが誕生!

2021.09.02 Thursday

We’re Getting Closer to Flying Humanoid Robots> As if humanoids weren’t hard enough, try getting one to fly https://spectrum.ieee.org/flying-robot
Design of a Flying Humanoid Robot Based on Thrust Vector Control https://arxiv.org/abs/2108.11557

「空を飛ぶ人型ロボット」には、それが実用的かどうかはさておき、ロマンがあります。

そんな夢の実現に一歩近づいたのは、中国・広東工業大学(Guangdong University of Technology)に所属するユーハン・リー氏ら研究チームです。

彼らは4つのファンを装着した二足歩行ロボット「Jet-HR2」を開発し、しばらく飛行させることに成功しました。

研究の詳細は、8月26日付でプレプリントサーバー『arXiv』に掲載されています。

足にファンを付けてバランス能力を向上させた「Jet-HR1」

2019年に発表されたJet-HR1
2019年に発表されたJet-HR1 / Credit:Biao Liu(Guangdong University of Technology)_Bipedal Robot Uses Jet-Powered Feet to Step Over Large Gaps Ducted fans in its toes help this robot to balance while taking giant steps(2018)

2018年、同研究チームは、足にファンを取り付けた「Jet-HR1」を発表しました。

二足歩行ロボット弱点はそのバランス能力にあります。

なぜなら移動するためには片方の足を上げなければならず、その間、もう片方の足だけでバランスを取る必要があるからです。

特に大きな歩幅が要求される「幅広い溝」「大きな段差」などに直面すると、転倒のリスクが非常に高くなります。

そこでチームは、2本の足にファンを1つずつ装着することで、安定性を向上させることにしました。

その結果、ファンの推力によって、動画にあるような幅広い溝を難なくまたげるようになっています。

これは二足歩行ロボットにおける画期的なアイデアであり、実用性・応用性ともに高いことから、続く研究報告に期待が高まっていました。

そして2021年8月、チームは後継機である「Jet-HR2」を発表。

研究チームが力を傾けたのは、「歩行」の分野ではなく、二足歩行ロボットに「空を飛ばせる」ことでした。

次ページ空を飛ぶ二足歩行ロボット「Jet-HR2」が開発中

<

1

2

>

ロボットのニュースrobot news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!