幸福度を意識しすぎる人は幸福感が薄れる
幸福度を意識しすぎる人は幸福感が薄れる / Credit:Depositphotos
psychology

不安やうつを無理に避ける人は幸福でなくなると判明 (2/2)

2021.09.20 Monday

The pressure to avoid negative emotions might help explain why some approaches to happiness backfire https://www.psypost.org/2021/09/the-pressure-to-avoid-negative-emotions-might-help-explain-why-some-approaches-to-happiness-backfire-61860
When the pursuit of happiness backfires: The role of negative emotion valuation https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/17439760.2021.1897869

ネガティブな感情を認める人の幸福度は高い

アメリカの参加者500人の価値観や考えを調査した結果、幸福度が人生の価値を決めると考える人は、ネガティブな感情を抱くことを避ける傾向にあると分かりました。

それらの人は「ネガティブな感情を抱くと人生の価値が下がる」と考えてしまい、落ち込んだり不安になったりしないよう自分に強いプレッシャーをかけていたのです。

「落ち込むこともある」と考えられる人は幸せ
「落ち込むこともある」と考えられる人は幸せ / Credit:Depositphotos

一方、将来の幸福のために1日1日最善を尽くして行動する人は、逆にネガティブな感情を避けようとしていませんでした。

現在の幸福を過度に求めないので、「落ち込んだり不安になったりすることはある」と考えます。

そして、一時的にそのような感情を抱くことがあっても、「人生の価値は下がらない」と感じていたのです。

この結果から、意図的にネガティブな感情を抑制または回避しようとすることが、幸福度を下げると分かります。

実際、2017年の研究では、ネガティブな感情を回避しようとするプレッシャーが、その後の抑うつ症状をもたらす、という結果が出ています。

私たちが本当の意味で幸せになるには、ネガティブな感情を受け入れるべきだったのです。

同時に将来の幸せに向けて行動することも大切だと分かりました。

不遇に負けず目標に向かって頑張っている人はキラキラと輝いて見えますが、それこそが「幸福度の表れ」なのかもしれませんね。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

心理学のニュースpsychology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!