人間から「しっぽ」を消した遺伝子を発見! 同じ遺伝子の変異でマウスの尻尾も消失
人間から「しっぽ」を消した遺伝子を発見! 同じ遺伝子の変異でマウスの尻尾も消失 / Credit:Bo Xia et al (2021) . bioRxiv . The genetic basis of tail-loss evolution in humans and apes
biology

人間から「しっぽを消した遺伝子」を発見! マウスの尾を消すことにも成功 (3/3)

2021.09.22 Wednesday

How Humans Lost Their Tails https://www.nytimes.com/2021/09/21/science/how-humans-lost-their-tails.html
The genetic basis of tail-loss evolution in humans and apes https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2021.09.14.460388v1.full

「しっぽ」が失われた理由

「しっぽ」が失われた理由は2足歩行とは関係がない
「しっぽ」が失われた理由は2足歩行とは関係がない / Credit:Bo Xia et al (2021) . bioRxiv . The genetic basis of tail-loss evolution in humans and apes

今回の研究により、TBXT遺伝子の特定の位置に、特定のDNA断片(Alu要素)が入り込んだことが、尻尾の喪失につながるという仕組みが示されました。

しかし、人類の祖先が尻尾を失った仕組みは示されたものの、尻尾を失った理由については謎のままです。

人類の祖先が尻尾を失ったのは2500万年前であると考えられますが、そのころの祖先たちは樹上で木の実を食べながら生活していました。

つまりアウストラロピテクスなどの猿人が2足歩行を始める遥か以前から、尻尾は失われており、よく言われる2足歩行との関連性は薄いかもしれません。

樹上生活を行う上で、尻尾はバランスととったり腕の代用として枝を掴んだりするなど、非常に有用なツールであり、失うデメリットは多いと言えるでしょう。

しかし結果的に、尻尾を失った先祖たちは他のサルたちを押しのけて繫栄し、人類や類人猿など、巨大な脳を持つグループの誕生につながりました。

尻尾に向けるはずだった神経リソースを代わりに脳に流し込めるようになったとも考えることができますが、これは想像の域を出ません。

尻尾の喪失と脳の巨大化の間にどんな関係があるのか、続く研究に期待したいところです。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

生物学のニュースbiology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!