ナイキがベルトコンベア付きシューズを開発。「画期的すぎる」と話題

fun 2018/05/11

シューズメーカーのNike(ナイキ)が、ベルトコンベアを搭載させた新たなシューズを特許申請しました。このシューズは、ソール部分にベルトコンベアのように動く機構を付けることで、履きやすくしたものと想定されています。

映画バック・トゥ・ザ・フューチャーで登場した、自動で足にフィットするシューズを本当に開発してしまうNikeだからこその画期的なシューズです。

特許画像をみると、このシューズは電気的な制御を行っており、足がシューズに入るとスイッチやセンサでそれを読み取り、ベルトコンベアを動かすのではないかと推測されます。また、そうであれば歩く時の振動を感知し、充電できる圧電素子を用いて動作することも考えられるとのこと。

 

このベルトコンベア付シューズなら、履くときも脱ぐときも役に立つでしょう。靴の履き脱ぎにかかる時間とストレスがなくなるかもしれません。

 

「アインシュタインの脳は盗まれた」あなたの知らない17の科学トリビア

 

via: DailyMail / translated & text by ヨッシー

 

関連記事

意外と当たってる。100年前の人が予想した自動運転車が面白い

海外からみた日本の「クレイジー」な鉄道システム10選

SHARE

TAG

funの関連記事

RELATED ARTICLE