草木を透かして見る雨の色「利休鼠」。色表現のバリエーションはその言語文化と密接に関連している。
草木を透かして見る雨の色「利休鼠」。色表現のバリエーションはその言語文化と密接に関連している。 / Credit:canva,ナゾロジー編集部
humanities

2021.09.29 Wednesday

人類の言語は「暖色系の色」に他より30倍も多彩な名前を持たせていたと判明! (2/3)

前ページ言語が異なっても色の認識は一致している?

<

1

2

3

>

色の表現と言語の進化論的解釈

なぜ言語によって、表現の多彩さに違いがあるのか?

研究者たちは、色表現の多彩さは会話の中で求められるニーズに依存していると考えました。

たとえば、冒頭にあげた利休鼠は、草木を透かしてみた雨の色を表現したもので、灰色がかった深い緑色だとされています。

日本語の豊かな色彩感覚は、特定の雨の色に対して「利休鼠」と名前を付けるに至りました。

ただ残念なことに日本人以外は「利休鼠」の色合いを知る人は、多くはありません。

同様に日本では「こんがりきつね色になるまで焼いてください」という表現が登場しますが、きつね色という認識は日本語圏を超えるとバラバラになり、コミュニケーション上の齟齬が生じてしまいます。

そこで研究者たちは、日本語を含む130種類の言語がそれぞれ、色に対してどれほど多彩な表現を持っているかを定量化するアルゴリズムを開発しました。

結果、ある言語が特定の色合いに対して、どれほど多彩な表現(ニーズ)を持つかをスコア化することに成功します。

このアルゴリズムが算出するスコアを見れば、文化・言語・民族・国境・自然環境などの要因が、色表現のニーズ算出にどのように貢献しているかを知ることが可能になります。

しかしより興味深い結果は、データをまとめ上げた段階で明らかになりました。

データをまとめると、日本語やアラビア語といった特定の言語が持つ色表現のスコアではなく「人類全体」の種としての傾向が現れたからです。

言語間では、コミュニケーションニーズの値が高い色は、霊長類の食生活における熟した果物の色と一致するとわかった
言語間では、コミュニケーションニーズの値が高い色は、霊長類の食生活における熟した果物の色と一致するとわかった / Credit:Colin Twomey,Penn Today

人類は種として色表現にどのような傾向をもっているのか?

調査を行うと、人類種は赤や黄色などの暖色系の色が、他の色に比べて30倍も需要が高いということがわかりました。

これは人々の中で、暖色系の色に関するコミュニケーションの必要性が高いという、これまでの研究結果と一致しています。

一方で、茶色がかった緑とか、パステルカラーはほとんどの人が気にしていませんでした。

ではなぜ、暖色系の色の需要はそれほど高いのでしょうか?

次ページ地域で目立つ色、食に関する色を人は重要と考えている

<

1

2

3

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

人文学のニュースhumanities news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!