人工物を「性玩具」に使う野生チンパンジーを初確認
人工物を「性玩具」に使う野生チンパンジーを初確認 / Credit: Matthew McLennan et al., Pan Africa News(2021)
animals plants

世界初、チンパンジーが人工物を「性玩具」にする事例が確認される

2021.09.29 Wednesday

Researchers Record Wild Chimp Using Human-Made Object As Sex Toy For First Time https://www.iflscience.com/plants-and-animals/researchers-record-wild-chimp-using-humanmade-object-as-sex-toy-for-first-time/
Use of a novel human object as a masturbatory tool by a wild male chimpanzee at Bulindi, Uganda http://mahale.main.jp/PAN/2021/PAN2021_003.pdf

自慰行為は、人間以外の多くの霊長類でも記録されています。

しかしこのほど、東アフリカ・ウガンダの野生下で、オスのチンパンジーがプラスチックボトルで自慰行為をする様子が確認されました。

自然物ではなく、人工物を「性玩具」として使う例は世界初のことです。

人工物を使った自慰行為は初のケース

その様子は、2018年8月、ウガンダ北西部・ホイマ県にあるブリンディの熱帯林で初めて目撃されました。

自慰行為をしていたのは、チンパンジーのコロニーに属する「アラアリ(Araali)」という名の幼いオス個体で、ポイ捨てされたプラスチックボトルにペニスを挿入し、ピストン運動を繰り返していたのです。

ブリンディ・チンパンジー・コミュニティ・プロジェクト(Bulindi Chimpanzee and Community Project)の研究員によると、アラアリはその間、霊長類の行動学で「プレイフェイス(Play face)」と呼ばれる、口を開けてリラックスした表情をしていたとのこと。

なお、アラアリがボトルの中に射精したかどうかは確認できませんでした。

こちらが実際に撮影された映像です。

茂みに隠れて見えづらいですが、白いボトルにペニスを挿入して、腰を動かす様子が確認できます。

このボトルは元々、除草剤が入っていた容器であるとのこと。

研究チームは、形としては下の図のようになっていると説明しています。

チンパンジーをはじめとする野生の霊長類は、人が作ったものには無関心か恐怖心を抱く傾向がありますが、アラアリが所属するグループは、日頃から人と接触する機会も多く、人間や人工物にも慣れていたといいます。

研究チームは、アラアリの自慰行為について、次のように説明します。

「チンパンジーのオスは、性的興奮以外にも、食べ物に興奮したり、遊びなどの社会的交流の中で陰茎を勃起させることが多々あります。

アラアリの自慰行為は、新しく見つけた人工物を観察したり、遊んだりする中でから生じた可能性が高いです。

また、ボトルの物理的特性がアラアリの自己発情を誘発したと考えられ、ボトルの形状がその目的に適していることを認識していたのかもしれません

つまり、今回の行動は、霊長類の認知機能の高さを理解する上で、非常に興味深い観察例となります。

霊長類の自慰行為は、自らの手や足を使ったり、自然物に擦りつけるのがほとんどです。

しかし中には、人間でさえ躊躇する風変わりな自慰行為もあります。

その代表がカエルを使ったものです。

これはかなり強烈な例で、霊長類の自慰行為の複雑さを垣間見せます。

研究チームは今後、飼育下と野生下で自慰行為がどう変わるかに注目し、調査を続ける予定です。

 

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!