子供は6.7歳まで心の理論を獲得しないと判明
子供は6.7歳まで心の理論を獲得しないと判明 / Credit:Robert Ewing(ASU)_Perceptual Access Reasoning (PAR) in Developing a Representational Theory of Mind(2021)
psychology

子供は6歳まで「他人の記憶」を理解できないと判明!

2021.10.02 Saturday

Children Do Not Understand Concept of Others Having False Beliefs Until Age 6 or 7 https://neurosciencenews.com/false-belief-children-19372/
Perceptual Access Reasoning (PAR) in Developing a Representational Theory of Mind https://srcd.onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/mono.12432

大人には他者の心を推察し、理解する能力があります。

「自分が楽しいから相手も楽しいはず」と考えるのではなく、「自分が楽しくても、相手は楽しくないかもしれない」と相手目線で考えられます。

これは「心の理論」と呼ばれており、「子供が4歳になるまでに獲得する」と知られてきました。

ところが、アメリカ・アリゾナ州立大学(ASU)心理学部に所属するウィリアム・ファブリシアス氏ら研究チームは、心の理論は6~7歳になるまで獲得されないと発表しました。

この新しい事実は、親や周囲の人が子供に過剰な要求をしないよう助けてくれるでしょう。

研究の詳細は、9月28日付の学術誌『Monographs of the Society for Research in Child Development』に掲載されました。

「マキシ課題」は心の理論の証明になるのか!?

1枚目の画像
Credit:Canva . ナゾロジー
2枚目の画像
Credit:Canva . ナゾロジー
3枚目の画像
Credit:Canva . ナゾロジー
4枚目の画像
Credit:Canva . ナゾロジー

心の理論を獲得している子供は、「他者が自分とは異なった情報を信じている」ことを認められます。

そのため、心の倫理の有無は、「マキシ課題」と呼ばれる実験で判断できると考えられてきました。

マキシ課題には、「マキシ」と「母親」が登場し、マクシの行動を観測者である子供に推測してもらう、という実験です。

マキシ課題。青の箱と緑の箱のどちらかにチョコレートが入っている
マキシ課題。青の箱と緑の箱のどちらかにチョコレートが入っている / Credit:Depositphotos

マキシ課題

  1. 青い箱と緑の箱がある
  2. マキシは青い箱にチョコレートを入れ、その場から離れる
  3. 母親が現れる
  4. 母親はマキシに気づかれないように、チョコレートを青い箱から緑の箱に移し、その場から離れる
  5. マキシが戻ってきて、チョコレートを探そうとする

子供への質問:マキシは青と緑どちらの箱を探すか?

 

この質問を与えた場合、4歳以上の子供は、「マキシは青の箱を探す」と正しく答えます

ところが4歳未満の子供や自閉症の子供は、「マキシは緑の箱を探す」と答えます。

この時、子供は「自分が母親の行動を知っているので、マキシも同じように母親の行動を知っている」と誤解してしまっています。

マキシの目線で物事を考えることができないのです。

この結果により、これまで研究者たちの間では、「子供は4歳までに心の理論を獲得する」と考えられてきました

ところが今回、その通説を覆す新たな証明がなされました。

次ページ箱を3つにすると正解できなくなる

<

1

2

3

4

>

心理学のニュースpsychology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!