記憶喪失薬のターゲットとなるタンパク質を特定!
記憶喪失薬のターゲットとなるタンパク質を特定! / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
brain

記憶喪失の原因となるタンパク質を特定! トラウマを消す薬ができる可能性も (2/2)

2021.10.04 Monday

Scientists Find Protein That Indicates Whether Emotional Memories Can Be Changed or Forgotten https://scitechdaily.com/scientists-find-protein-that-indicates-whether-emotional-memories-can-be-changed-or-forgotten/
34th ECNP Annual conference https://www.ecnp.eu/Congress2021/ECNPcongress

記憶を操作できれば不幸な人はいなくなる

何もかも忘れられれば自殺する人はいなくなる
何もかも忘れられれば自殺する人はいなくなる / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

今回の研究により、プロプラノールによる記憶喪失が発生するメカニズムの一端が解明され「シャンク」タンパク質の状態が記憶の客観的な判断基準になることが示されました

「シャンク」タンパク質の状態を細かく制御することができれば、狙ったニューロン同士の接続のみを、解除できるようになるでしょう。

また同様の記憶喪失のメカニズムが人間にもある場合、選択的な記憶喪失によってPTSD(心的外傷ストレス障害)の治療ができる可能性があります

どんなにつらく悲しい出来事があっても、スッキリと忘れられる日がくれば、不幸な人はいなくなるでしょう。

自殺予防に記憶喪失薬が処方される日も遠くはなさそうです。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!