6歳の少年が1万2000年前のマストドンの歯の化石を発見
6歳の少年が1万2000年前のマストドンの歯の化石を発見 / Credit: Click On Detroit | Local 4 | WDIV – youtube
paleontology

6才の少年が古代ゾウ「マストドン」の歯を発見!1万2000年前に絶滅

2021.10.05 Tuesday

Mastodon tooth found by 6-year-old on a hike. He’s donating it to the University of Michigan https://www.mlive.com/news/ann-arbor/2021/09/mastodon-tooth-found-by-6-year-old-on-a-hike-hes-donating-it-to-the-university-of-michigan.html Boy, 6, finds gigantic mastodon tooth while hiking at Michigan’s Dinosaur Hill Nature Preserve, with rare find dating back up to 12,000 years https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-10058413/Boy-6-finds-mastodon-tooth-hiking-Michigans-Dinosaur-Hill-Nature-Preserve.html

アメリカ中西部・ミシガン州に住む6歳の少年、ジュリアン・ギャニオン(Julian Gagnon)さんにより、約1万2000年前の絶滅ゾウ類「マストドン」の歯の化石が発見されました。

報道によると、ジュリアン君は先月6日、同州ロチェスター・ヒルズにあるダイナソー・ヒル自然保護区にて、両親とハイキングを楽しんでいたところ、マストドンの化石を偶然見つけたという。

ジュリアンさんは、取材に対し、「川の中を歩いていたら、足に何かを感じたのでつかみ上げてみると、恐竜の歯のように見えた」と話しています。

専門家いわく、マストドンの歯の化石が見つかるのはきわめて稀であるようです。

専門家も嫉妬するほどの貴重な発見

ジュリアンさんが化石を発見した時、父親のブライアンさんは半信半疑で、川に戻すように勧めたと言います。

しかし、母親のメアリーさんの説得もあって家に持ち帰り、専門家に確かめてもらうことに。

そして、ミシガン大学(University of Michigan)の考古学研究チームの分析の結果、約1万2000年前に生きていたマストドンの右上臼歯であることが判明したのです。

サイズは大人の握りこぶしほどに達していますが、これでまだ幼い個体だったとされています。

化石を手に持つジュリアン君(6)

マストドンは、ゾウ目マムート科に属する大型哺乳類で、マンモスやゾウに近似しています。

成熟個体の体高は2〜3メートルに達し、褐色の短い体毛に覆われていました。

約4000万〜1万1000年前まで、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、アフリカなどの各大陸に生存しましたが、氷河期の終わり頃に絶滅しています。

マストドンの復元イメージ
マストドンの復元イメージ / Credit: ja.wikipedia

発見されたマストドンの歯の化石

化石が発見された「ダイナソー・ヒル自然保護区」は元々、子どもと化石の縁が深い場所です。

保護区内では過去にいくつかの化石が出土していますし、また、目玉スポットである丘は、形が眠っている恐竜に似ていることから、地元の子どもたちが「ダイナソー・ヒル(恐竜の丘)」と呼ぶようになったことに由来します。

ダイナソー・ヒル

ジュリアン君が化石を発見した小川

ミシガン大学・古生物学博物館のアビゲイル・ドレイク氏は「正直なところ、個人的にはジュリアンさんの発見に嫉妬しています。

化石の発見は、私自身が毎日できたらいいなと思っていることですから」と冗談交じりに悔しさを滲ませました。

その上で、「マストドンの化石は見つけるのが困難であるため、今回の発見はとても貴重なことです」と賞賛しています。

また、同博物館のコレクション・マネージャーを務めるアダム・ルートニー氏は「ジュリアンさんは、おそらく1万2000年ぶりにこの歯に触れた人間でしょう。

こうした歯の化石は、マストドンがどのような食物を摂取し、いかに暮らしていたかを知る手がかりとなります」と述べました。

当のジュリアンさんは、次のように話しています。

「実は化石を見つけた時は、100万ドルものお金がもらえると思ったんだ。だけど今それを考えると、とても恥ずかしい。

本当は考古学者に憧れていたけど、これは古生物学者になるためのサインだと思う」

今後、ジュリアンさんはどちらの道を進むかは分かりませんが、彼には化石のありかを嗅ぎつける特殊な才能があるのかもしれません。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

古生物のニュースpaleontology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!