脳に埋め込んだ電極で「うつ状態」から「喜びに満ちた状態」へ感情を移行させることに成功した研究の「その後の経過」が発表される
脳に埋め込んだ電極で「うつ状態」から「喜びに満ちた状態」へ感情を移行させることに成功した研究の「その後の経過」が発表される / Credit:UC San Francisco (UCSF)
brain

2021.10.07 Thursday

2021.10.05 Tuesday

脳への電気刺激を制御チップで自動化し、うつ状態を解消させる技術が登場 (2/3)

前ページ脳に電極を埋め込んで喜びや快楽を発生させる

<

1

2

3

>

脳を監視する制御チップを15カ月運用してみた

脳を監視する制御チップを15カ月運用してみた
脳を監視する制御チップを15カ月運用してみた / Credit:UC San Francisco (UCSF)

電気刺激の自動化のために、研究者たちは新たな制御チップを開発しました。

この新たな制御チップには上の図のように、偏桃体の異常活動を感知するための電極と、「VC / VS」に対する電気刺激を行う電極が付随しています。

このチップを用いることで、サラのの偏桃体がうつの兆候を示すと同時に、回復用の電気刺激を行うことが可能です。

研究者たちはサラの頭蓋骨の一部を剥がして、バッテリーと共にチップを骨の裏に来るように配置し、経過を観察しました。

結果、非常に有望であることが判明します。

装置が設置されてから15カ月間、サラは以前のような思いうつ状態を1度も経験しておらず、つらいことや悲しいことがあったとしても、乗り越えられるようになりました。

また刺激を可能な限り効果的にするため、研究者たちはサラの脳への信号強度を調節し、最終的には1回の刺激を6秒間続く1mAの容量に決定しました。

現在、サラの脳ではこの刺激が1日に300回(合計時間は30分)ほど発せられていますが、容量が低いためサラ本人は刺激に気付くことはありません。

また現在の使用レベルの場合、バッテリーの寿命は10年ほどもつとのこと。

次ページサラに続く参加者は現在11人登録されている

<

1

2

3

>

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!