脳に埋め込んだ電極で「うつ状態」から「喜びに満ちた状態」へ感情を移行させることに成功した研究の「その後の経過」が発表される
脳に埋め込んだ電極で「うつ状態」から「喜びに満ちた状態」へ感情を移行させることに成功した研究の「その後の経過」が発表される / Credit:UC San Francisco (UCSF)
brain

脳への電気刺激を制御チップで自動化し、うつ状態を解消させる技術が登場 (3/3)

2021.10.07 Thursday

2021.10.05 Tuesday

前ページ脳を監視する制御チップを15カ月運用してみた

<

1

2

3

>

サラに続く参加者は現在11人登録されている

実験ちゅうのサラの様子
実験ちゅうのサラの様子 / Credit:UCSF 2021

一連の研究により、患者のにあわせて設計された脳深部刺激療法(DBS)が、重度のうつ病に有効である可能性が示されました。

研究者たちは今後、サラの精神状態を観察しながら、サラの脳がどのように変化していくかを追跡していくとのこと。

現在、サラに続く参加者は11人登録されており、治療効果が他の人間でも再現されるかどうかが確かめられる予定です。

ただ、最適な刺激部位を探索するために必要なコストは高く、複数の電極を刺し込まれる脳の負担も少なくありません。

度重なる脳への電極の刺し込みに対して、サラの人格や記憶には目立った変化がありませんでしたが、同じことが他の人々にも言えるかは不明です。

ただ、新たな治療法の効果が立証されれば、多くの難治性うつ病患者にとって希望になるのは間違いないでしょう。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!