遺伝操作で「タッチ」の代わりに「青い光」で発情するマウスを作成!
遺伝操作で「タッチ」の代わりに「青い光」で発情するマウスを作成! / Credit:Canva . ナゾロジー編集部
animals plants

遺伝操作でタッチの代わりに「青い光で発情する」マウスを作成 (3/3)

2021.10.07 Thursday

Identification of touch neurons underlying dopaminergic pleasurable touch and sexual receptivity https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2021.09.22.461355v1.full

人間にもマウスと同じ仕組みがある可能性が高い

人間にもマウスと同じ仕組みがある可能性が高い
人間にもマウスと同じ仕組みがある可能性が高い / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

今回の研究により、やさしいタッチがマウスにおいて性的興奮を促す要因であることが示されました。

同様のやさしいタッチを感知する遺伝子や神経線維は人間にも存在することが知られており、古くから言われている「皮膚への軽い刺激(フェザータッチ)が性感を刺激する」との説は、科学的にも正しいのかもしれません。

研究者たちは、やさしいタッチが脳に与える仕組みを解明することで、母子間などの社会的な絆や、性にかかわるトラブルを治療・操作できるシステム(薬など)が開発できると考えています。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!