西欧人はコロンブスより150年前にアメリカ大陸を知っていた?
西欧人はコロンブスより150年前にアメリカ大陸を知っていた? / Credit: jp.depositphotos
history archeology

古文書から発覚!イタリアの船乗りはコロンブスの150年前に「アメリカ大陸」を知っていた

2021.10.13 Wednesday

Mysterious Text Suggests Europeans Knew of America Long Before Columbus Set Sail https://www.sciencealert.com/ancient-texts-suggest-italian-sailors-knew-about-america-way-before-columbus Italian sailors knew of America 150 years before Christopher Columbus, new analysis of ancient documents suggests https://phys.org/news/2021-10-italian-sailors-knew-america-years.html
Marckalada: The First Mention of America in the Mediterranean Area (c. 1340) https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/00822884.2021.1943792

1492年のアメリカ大陸の発見は、言わずもがな、クリストファー・コロンブス(1451頃-1506)の功績の一つとして記録されています。

人類による北米大陸への入植は2〜3万年前にすでに行われていたのですが、当時の西欧人は「新大陸を発見した!」と大いにわき返りました。

しかし、それもすべて「ぬか喜び」だったかもしれません。

ミラノ大学(University of Milan・伊)の最新研究により、ミラノの修道士が1345年頃に書いた古文書に北米の大西洋岸に関する記述が発見されたのです。

これは当時のイタリア人が、コロンブスより約150年も前にアメリカ大陸の存在を知っていたことを示唆します。

同じイタリア出身のコロンブスは、この事実を知らなかったのでしょうか?

研究は、学術誌『Terrae Incognitae』に掲載されています。

コロンブスより150年前の文書に「アメリカ大陸」の記述を発見

イタリア北西部・ジェノヴァ出身のコロンブスは、1492年8月3日にインドを目指して航海に出発。

10月11日、今日のバハマ諸島に到着し、ここをサン・サルバドル島と命名しました。

これが、西欧人によるアメリカ大陸の発見史の定説となっています。

ところが、2013年に発見された古文書に驚くべき記述が発見されました。

『クロニカ・ユニヴェルサリス(Cronica universalis)』と題されたこのテクストは、1345年頃に、ガルヴァネウス・フランマ(Galvaneus Flamma)というミラノの修道士によって書かれたラテン語文書です。

ガルヴァネウスは、このの中では、世界の誕生〜14世紀までの歴史を詳しく著述しています。

ミラノ大の文学・言語学研究チームは今回、文書の翻訳、書き起こしの後、内容の分析を実施。

その結果、グリーンランドから南方に位置する「Marckalada」という地名についての記述が発見されました。

これはアイスランドで見つかった複数の古文書でも言及されている「マークランド(Markland)」と同じ地を指します。

そして、この地が今日のカナダ大西洋岸のラブラドール・ニューファンドランド地方を指していると考えられているのです。

今日のラブラドール・ニューファンドランド地方(赤色)
今日のラブラドール・ニューファンドランド地方(赤色) / Credit: ja.wikipedia

本研究主任のパオロ・キエーザ氏は「この記述は、まだ初期の形ではあるものの、地中海世界におけるアメリカ大陸についての最初の言及である」と話します。

また、ガルヴァネウスが「Marckalada」の存在を知っていた理由について、次のように説明します。

「ミラノ南部の沿岸部の町ジェノヴァには、当時、イギリスや北欧、スペインと交易していたイタリアの乗りたちが集まっていました。

ガルヴァネウスはおそらく、その船乗りたちを通して、諸外国のさまざまな情報を集めていたのでしょう」

イタリアの船乗りが、アイスランドやグリーンランドに到達したという記録はありませんが、スコットランド、デンマーク、ノルウェーの商人たちとは繋がりを持っていました。

その中で、北欧の人々が航海による冒険譚が伝わったのでしょう。

それから、「Marckalada」が新大陸として記録されなかった理由としては、地図の作成や学術的な記述をするには情報が曖昧すぎたからと予想されます。

しかし、この記述が確かなら、当時のイタリアの船乗りは、コロンブスよりはるか前にアメリカ大陸の存在を知っていたことになります。

コロンブスの肖像画
コロンブスの肖像画 / Credit: ja.wikipedia

そこで気になるのは、コロンブスは「Marckalada」の情報を知らなかったのか、ということです。

ジェノヴァの出身かつ船乗りであるなら、この謎めいた土地の情報を入手していた可能性は十分にあります。

しかし、彼が1492年の航海で目指したのはインドであり、「Marckalada」ではありませんでした。

やはりコロンブスは、アメリカ大陸の存在を知らずに到着したと考えるのが自然かもしれません。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

歴史・考古学のニュースhistory archeology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!